理科

広島博物館に展示された人気原爆漫画の多言語版

広島 – 広島原爆投下以来、人々の人生を描いた漫画の外国語版展がここ広島平和記念博物館で開催されています。

日本の漫画家河野文代の代表作「夜の静かな町桜の国」は原爆投下10年後の広島、1987年東京と広島を背景にします。 2004. 人々の人生に影をあげる原爆を落ち着かせる素材として描写している。

この漫画は2004年、日本メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞しました。 2007年、佐々木清監督が漫画を実写映画にし、2018年にこの漫画を原作としたテレビドラマが放映されました。

広島博物館には、韓国語、フランス語、英語、繁体字中国語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ヒンディー語、ベトナム語、ロシア語(翻訳と出版順)の10種類の翻訳版が展示されています。 この展示会では、日本同人誌(2003年独自出版)とマンガ版も紹介します。 このイベントは、コノが今年5月に博物館にスペイン語とベトナム語のバージョンを寄付したときにインスピレーションを受け、施設はそこに保管されている他の国際バージョンと一緒に展示することにしました。

早ければ2005年韓国語版が、2006年英語とフランス語版が出た。 最近はベトナム語版が2017年、ロシア語版が2019年に出た。 英語版はサンフランシスコ出版社で、ブラジルのポルトガル語版と台湾と香港の繁体字中国語版。 このうち、英語、フランス語、ロシア語、ヒンディー語は、一部の核兵器保有国で使用される言語です。 コノのオリジナル絵画は、2005年にパリで開かれた原子爆弾展で展示されました。





2022年7月3日、広島中央区にある広島平和記念博物館で、小野文代の「ゆなぎの町桜の国」(夕方の静かな町、桜の国)の翻訳版が見られます。 左からスペイン語、ポルトガル語、ロシア語、イタリア語のバージョンが展示されています。 (毎日/宇城のぼる)

イベントを企画した美術館芸術科学部の木楽信信氏は、「海外の若い世代も簡単に共感できる仕組みの作品だ。 漫画が観客に機会を与えたことを知ってほしい」と話した。 世界中の人々が広島(そして原爆)を知りました。」

展示は9月末まで広島平和記念博物館東莞地下1階図書館で開催されます。

(広島局うそのぼるの日本語オリジナル)

READ  シカゴジャクソン公園にほぼ満開の桜 – NBC Chicago

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close