スポーツ

広島新人最高更新森下来季開幕投手の戦い自称 – プロ野球:日刊スポーツ

契約更改した森下は「乗数」を手にシーズン活躍を誓い(撮影・加藤孝規)

広島森下暢仁投手(23)が8日、広島市内の球団事務所で契約交渉に臨み、2700万円増の年俸4300万円で改正した。

球団の新人では12年オフに2500万円増加したノムラウル抜い最高増額された。 今シーズン10勝3敗新人王候補に挙げられている右腕はシーズン開幕投手競争に立候補した。 (金額は推定)。

◇◇◇

森下は大幅に切り上げ喜びからか、何度も照れ笑いを浮かべた。 濃紺のスーツに水色のネクタイをビシッと決め会見場に登場。 「緊張感があった」と最初の契約更新を終え、「ローテーションをしっかり守ったことを評価してくれました。」 今季1600万円から2700万円増の4300万円で1発サイン。 これまで広島の新人では12年オフに野村が1500万ウォンで4000万ウォンが最高の上げ幅だった。 増額分については、「支えてくれた多くの人たちに報いたい」と語った。

新人最高切り上げにふさわしい奮闘ぶりだった。 即戦力右腕と期待される開幕から先発ローテーションの軸に回転18試合に登板。 2完投を含むチームトップの10勝をあげた。 終盤は中小野男性と最優秀防御率を争い、最終的にリーグ2位の1・91と新人優れた成績。 森下は「1年目から「してあげる」という気持ちで入った。その結果として現れたのが嬉しい」と話した。

独創性で1年目のシーズンを克服した。 「きちんと腕を振るか、指借りる方法もを自分の中で握った感じです。」 模索を重ね終盤まで直球の質を向上させる。 また、「反応だった」という武器の一つである縦曲げ曲線は動画サイト楽天沿岸とる方法などを研究して研磨して好投に接続することができた。

次のシーズンの目標は開幕投手だ。 2年連続で務めた大瀬良いシーズン8勝銅、明治大学の先輩野村などライバルは多いが、「自分も開幕を投げたい気持ちがある。投手陣の中で競争に参加する」と強い意欲を示した。 「1年目から2年目が助けになることができるよう、来年も2桁勝利、防御率も今年に近い数字を残したい」頼もしいスーパー右腕が鯉のエース街道を突き進む。[古財稜 명]

READ  YouTubeはハイライト、選手のコンテンツ、ライブのゲームを促進するために、スポーツのページを新たにデザインしました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close