スポーツ

延期された2020年大会を開催するすべての場所

主催:水泳、アーティスティック水泳、ダイビング
収容人数:15,000人
2020年2月に完成予定の8つの新しい競技場の中で最後に競技場には試合プール、サブプール(ウォームアップ用)、ダイビングプールがあります。 Tatsumi-no-Mori海浜公園に位置し、日本の水泳の古い精神故郷であるTatsumi International Swimming Centerから徒歩圏内にあります。

最新のメインプールの長さと幅は調節可能であり、水温は環境にやさしい地熱加熱装置に保持され、天井のデザインは、日本の紙工芸である折り紙からインスピレーションを受けました。

辰巳水球センター

主催:水球
収容人数:4,700人
この象徴的な場所は、東京地域の水泳やその他のウォータースポーツの主な施設として、1990年に設計されました。 2020年には水球を開催します。

Sapporo Odori Park

主催:陸上(マラソン、競馬場)
暑さへの恐怖のために、日本の首都で800km離れた札幌でマラソンと競馬大会が開かれます。 札幌市の中心部に位置し、公園での長さは約1.5kmです。 札幌TVタワー、札幌駅、北大札幌キャンパスなどが予定されてコースに沿って通過ランドマークだ。

幕張メッセホール

主催:レスリング、テコンドー、フェンシング
収容人数:10,000、10,000、8,000
東京ベイジョン(Tokyo Bay Zone)の東に位置し、この大規模なコンベンションセンターは、約210,000平方メートルに渡って国際展示場、国際会議場、幕張イベントホール3つの主要なゾーンで構成されています。

スリーさきサーフビーチ

ホスティング:サーフィン
収容人数:6,000人
東京から東に約40マイル離れた千葉県一宮町に位置し、この場所は、波の条件の一貫性のために選択された。 ここでは、ほとんどの日本のトッププロ選手の練習場での大会で最も美しい瞬間をプレゼントすることができます。

さいたまスーパーアリーナ

主催:バスケットボール
収容人数:21,000人
さいたま市に位置し、この競技場は、スポーツ競技、コンサート、会議、およびその他の多くのイベントを主催する日本最大の多目的競技場の一つです。 2000年にオープンしたこの競技場は、個々のイベントの規模と、特定のイベントの要件に応じて、競技場のスペースを調整するために使用することができるムービングブロックシステムが特徴です。 徐々に国内バスケットボールの「聖地」のいずれか知られるようになりました。

朝霞射撃場

ホスティング:撮影
収容人数:3,000人
1964年の東京ゲームで射撃大会を開催した後、オリンピック標準一時設備があるにもかかわらず、2020年にアクションが戻ってきます。 国立競技場から約30km離れたところに位置するこの競技場は、一般的に日本軍のパレードと日本陸上自衛隊の基地の役割をし、東部軍の本部でもあります。

Kasumigaseki Country Club

ホスティング:ゴルフ
収容人数:25,000人
埼玉県川越市にある武蔵野丘陵を横切って伸びるこのクラブは、80年以上の歴史を持っています。 日本で最も古く、最も尊敬されるゴルフクラブの一つです。 7月末と8月初め深刻な暑さのため、プレイヤーはパー71のコースで厚い締めシア草と一緒に少し遅いグリーン速度を推定する必要があります。

江ノ島ヨットハーバー

ホスティング:航海
収容人数:3,600人
神奈川県藤沢市に位置し、この港は、1964年のオリンピックで使用するために建設され、1964年のオリンピックの遺産スタジアムがしました。 開催地は、日本初のウォータースポーツ大会を開催することができる港です。

イズベロドローム

READ  日本はSailGPスケジュールの変更に不足している-The Royal Gazette

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close