経済

引退列車も「悪口大会」の窓から手を振るお腹も…良心派が怒るいくつかの “鉄道ファン」の暴走:J-CASTニュース[전체보기]

また、「撮影鉄」「葬式鉄」の暴走や – 2020年10月19日を最後に引退した列車を追いかけ駅などに押され、いくつかの鉄道ファンの行動が議論がある。

同好の士に悪口運行妨害につながる可能性の行為も。 鉄道ファンの楽しみ方はいろいろありますが、なかなか自浄作用が機能していないようだ。

  • 京葉・武蔵野線の205系。葛西臨海公園駅などで「悪口大会」が発生した

  • 京葉・武蔵野線の205系。葛西臨海公園駅などで「悪口大会」が発生した

発光体を振っ駅から悪口

JR東日本の京葉線・武蔵野線運営に入っていた205系電車の最後の1つ、「M20編成」が10月19日付で退職した。引退直前には多くのファンが沿線に集まった、特に前日10月18日には休日とことも過激な行為が目立った。

ツイッターは205系を追ってきたこと、一部の悪質な利用者の行動が露出している。 動く列車の窓から手を出す明らかに危険な行為もあり、突然の乗車ホームで密大声で叫んで撮影なども見られる。 なぜ鉄道とは無関係の、北朝鮮の故金日成主席の肖像画を窓から掲げたり、星条旗と日の丸を振る乗客。 また、サイリウムに見える棒状の発光体を振って青い光が車の外に点滅した。 また、さいたま新都心駅・水道橋駅・西武球場前駅など会場近くの駅では、危険でサイリウムなどを振らないように、従業員が訴えることもある。

葛西臨海公園駅から駅の近くの「ダイヤモンドと花の大観覧車」と巻か夜景を撮ることができるからホーム先端カメラと三脚を置いて、ファンが集結。 彼らは、事前に場所取りをした後、列車の到着を待っていたが、205系が到着すると、少しの停車時間で写真を撮りたい乗車条のファンが下車前方に集まってくる。

場所取りをしていた撮っチョルドゥルは構図を妨害したことに怒り「ダウン!」と悪口を浴びせる。 これらの光景は、「悪口大会」と通称されて問題になっているが、全く消えない。 傾向は知名度が高いJR優等列車や通勤型電車を巡って、このような事態が発生しやすい。

このような状況で、多くの場合批判するのは写真の撮影を目的とする「撮影鉄」と引退列車を追いかけ、「葬儀鉄」である。撮影鉄の一部は、良い写真を撮ってたいがために、また葬儀鉄列車の引退は意気揚々でまたは行動が拡大傾向にある。

「三脚使用禁止」を明示路線図

今回も「より前から記録しておく」「どうしていつも撮影ではないか」「これ以上の引退発表はせず、静かに引退させなければ」「ジャカルタ(205系の譲受人)に行けば」など、常識ファンの苦言を呈されていた。

実際に、これまでの車両引退時には臨時列車の運転や特別な装飾がなさできたが、この京葉・武蔵野線205系は装飾のない運用を離脱している。 「やはり、会社側が引退雰囲気を全く出さずに衰退していくのだったのか…?」 「毎回思ったが、列車ラス里芋は主に荒れる方だラス里芋自体をやめてほしい」と思う鉄道ファンもいる。

J-CASTニュースは、10月19日に205系が在籍する京葉車両センターと京葉線潮見人でを管轄する千葉支社に取材を行った。 その結果、18日に何があったのかについては、把握していないことでしたが、撮影のルールについて検討した結果、三脚の使用は明確に禁止していないが、乗客同士の問題ホームに点字ブロックが詰まったなど事故の原因につながるため、混雑時には、現場の判断で規制することができるという回答であった。

また、鉄道会社と逆基づい三脚の使用禁止を促している。 関東・関西の大手私鉄は東京メトロと阪神が三脚の使用禁止を自社サイトで明示して東急・東武・京王は、いくつかの駅で三脚の使用禁止を配置している。

READ  GALLERIA、RTX 3080 + AMD Ryzenプロセッサ搭載モデル2種を発売 - GAME Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close