トップニュース

引退発表藤川250Sに「必ず」1軍復帰意欲 – プロ野球:日刊スポーツ

藤川(2012年7月12日撮影)

阪神藤川投手(40)が今季限りでユニホームを脱ぐことを決定した。 8月31日に球団が発表した。

開幕から守護神を務めたが体調不良に苦しんだ。 これまで11試合で1勝3敗2セーブ、防御率7・20、現在は2軍調整中に、日米通算250セーブまであと5迫った中解決された。 引退会見は1日、兵庫県西宮市内で開かれる。

◇◇◇

さらば、火の玉ストレート – 。 野球界最高のリリすぐ一時代を築い阪神藤川が、最終的にユニフォームを脱ぐ決断を下した。 谷修球団副社長兼球団本部長(55)は、オンラインの取材で今季最後の現役引退を発表した。 「本人から聞いた話ですが、1年間を通じてコン​​ディションを維持することがますます難しくなっている。体が悲鳴を上げているということが一つ、もう一つは、やはりチームには非常に迷惑かけていると次のシーズンには、今シーズンより苦しくなる懸念も考えられる。以上、2点です。」と説明した。

99年プロ入りから働き続ける体は限界に達した。 昨年4月藤川出場選手登録を抹消されたときから、今後の選手生活を議論してきた。 球団側は19年のシーズンの最後に引退のイベントも受けていたという。 同年抑制に復活したこともあって、現役を要請。 藤川はオフの会談で「2020年シーズンも頑張ります」と不退転の覚悟を胸にしていたという。

今季は守護神として開幕を迎えたが、11試合で3敗、防御率7・20と振るわなかった。 2回の出場選手登録抹消。 第二の2軍調整した8月中旬藤川は今季を最後に引退を示唆した。 体調不良の右側の腕は手術が必要なレベルで完全に回復は難しい状況。 谷球団副社長は「これまでの戦いで疲労の蓄積言いますか。いくつかの場所が難しくなっているというのが事実であると思われる」と述べた。 電話明るく行動しながら引退の意思を表明したが、聞くの体の状態は深刻。 引退をしてするしかなかった。

名球会が条件となる日米通算250セーブまであと5.2軍調整中藤川は「必ず帰ってくる」と1軍復帰に意欲を燃やしているという。 「名球会入りの条件は、今後5セーブを達成することはもちろんのこと、矢野監督を胴上げする活躍であることをお願い」ゴイ球団副社長は期待する。 藤川は1日西宮市内で引退会見に臨ん心境を明らかにした。 引退セレモニーは未定。 チームは逆転優勝をかけて勝負の9月に戦った。 あくまでも1軍戦力に残っシーズンを完全燃焼する決意である。[기 아야노]

◆JFK 05年阪神ジェフ(J)ウィリアムズ、藤川(F)、久保田(K)は、強力なリリーフ陣を形成する。 同年7月18日、横浜戦でも岩継投で3人登板した試合は1分け入れ、17連勝を記録した。 翌日19日日刊スポーツは頭文字で「JFK」と命名した。

READ  米国版毎着陸成功は、将来のリソース確保に焦点 - 朝鮮日報

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close