エンターテインメント

張本と伊藤がドーハのWTTスターコンテンドでシングルタイトルを獲得する日本の喜び

日本の張本智和ホワイト美馬それぞれの決勝戦で予想される勝利に続いて、ドーハで開かれた世界卓球(WTT)スターコンテンド大会をシングルタイトルに仕上げました。

17歳の年齢で世界4位Harimotoは男子シングルで確固たる人気を得たが決勝戦でトーナメントの偉大な略であるドイツのRuwen Filusと立ち向かいました。

カタールで数回の大きな勝利を収めたFilusは、強力な戦いを繰り広げたが、Harimotoは11-9、11-9、12-14、11-5、7-11、11-8の6試合で勝利した。

女子シングルで世界第2位伊藤は、シンガポールのFeng Tianweiとの試合で10-12、12-10、11-7、11-8、11-6でタイトルを獲得した。

世界ランキング12位は、数年ぶりに決勝に上がったが、伊藤が2020東京観衆の前で競う予定伊藤と一緒にオリンピック金メダル候補のいずれかを相手に勝利をおさめることでした。

伊藤は先週ドーハで開かれたWTTスターコンテンドで優勝した後、2週間後に二度目のタイトルを獲得しました。

台湾チェンイチンとリンユンジュは韓国のジョンジフイとイ・サンスを相手に10-12、11-8、11-9、11-6の勝利に続いて混合ダブルス優勝を占めた。

最大2-11、11-6、11-8、8-11の試合で、スペインのAlvaro Robles、ルーマニアのOvidiu Ionescuを相手に韓国のチョン・ヨンシクと男子ダブルスに勝った後、李承燁の2番目の戦いであった。 、11-3。

チョン氏は、日本の石川かすみ、平野美羽を相手に11-4、12-10、11-8連勝で韓国のシンユビンと女子ダブルスを破って混合ダブルスを失った。

トーナメントが終了されることにより、ドーハは、3月14日から17日まで、東京2020オリンピックのためのワールドシングル予選トーナメントを主催する予定です。

4つの男子シングルスの5つの女子シングルス桁があるでしょう。

READ  Snow Man、3rdシングル「Grandeur "新しいビジュアル公開| BARKS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close