強力な米国の消費者信頼データによりウォールストリートが上昇した後、アジア取引が混沌とした – WKRG News 5

Estimated read time 1 min read

ゆり景山、AP通信

31分前

一人が2023年11月29日水曜日、東京のある証券会社で日本日経225指数を示す電子株式掲示板を見ています。 (AP写真/ユージーンホシコ)

東京(AP) – 米国の消費者の信頼性に関する強い報告の後、水曜日のアジア株式市場は混雑を示した。

日本ベンチマーク日経225は午前取引で0.1%上がった33,450.32を記録しました。 オーストラリアのS&P/ASX 200指数は0.4%上昇した7,042.30を記録しました。 韓国コスピは0.2%近く下落した2,517.77を記録しました。

香港のハンセン指数は1.8%下落した17,042.52、上海総合指数は0.3%下落した3,030.39で締め切りました。

中国技術株と不動産株が大量売りでベンチマークが下落しました。 食品配送会社メイトゥアンの香港株式は、今四半期の売上が減少すると予想してから11%下落した。 不良な不動産開発会社China Evergrandeは、不動産サービスグル​​ープが預金保証を回収するために親会社を訴えたという報道以来、9.2%下落しました。

木曜日に予定されているOPEC加盟国会議を控えて、原油価格にはほとんど変動はありませんでした。

Forex.comのMatthew Wellerは、報告書では、「OPEC +は減産延長合意に達するために努力しており、石油市場は流動的だ」と述べた。 「最も可能性の高いシナリオではありませんが、会談が決裂すると、原油価格は数ヶ月で最低値まで下がる可能性があります」

ニューヨーク商業取引所(New York Mercantile Exchange)の電子取引では、米国産原油ベンチマーク価格はバレルあたり76.55ドルで14セント上昇しました。 火曜日はバレルあたり$1.55~$76.41上昇しました。

ブレント油はバレル当たり3セント下落した81.44ドルを記録しました。

火曜日のウォールストリートで、S&P 500は小幅上昇と下落を行き来し、0.1%上昇した4,554.89を記録しました。 ベンチマーク指数は今年に入って最も高い月間上昇率を示し、11月を終える予定です。 ダウジョーンズ産業平均指数は0.2%上がった35,416.98に、ナスダック総合指数は0.3%上がった14,281.76に締め切りました。

技術者、小売業者、その他のセグメントの上昇は、市場の他の場所での下落傾向を軽減するのに役立ちました。 マイクロソフトは1.1%、テスラは4.5%、ベストバイは2.4%上昇した。 GE Healthcare Technologiesは4.2%下落し、最大の下落を見せました。

債券収益率が下落しました。 住宅ローン金利に影響を及ぼす10年の満期国債収益率は、月曜日午後4.39%から4.30%に下落した。 連盟の措置に対する期待を追跡する2年満期財務省の収益率は、月曜日の午後4.89%から4.73%に大きく低下しました。

投資家は、消費者がどのように感じているのか、インフレ率が依然として緩和されているかについてのより多くの手がかりを見つけるために、今週のいくつかの経済更新を綿密に観察しています。

連休ショッピングシーズンでも、消費者の信頼は依然として強調されています。 火曜日に発表されたカンファレンスボードの11月の消費者信頼度調査は、アナリストの予測を上回りました。 消費者支出は、米国の経済活動の約70%を占めており、これは経済成長の鈍化を防ぐボウルのままです。

木曜日、政府は連盟が好むインフレ指標に関する10月のデータを発表します。 経済学者は、この措置が2022年半ば以降のように引き続き緩和されると予想しています。 インフレによる統制が緩和され、経済が回復し、連준がついに基準金利の引き上げを終えることができるという希望が高まった。

連盟が基準金利を安定的に維持するという希望は、火曜日の連邦理事会のクリストファー・ウォラー議員によって再確認された。

ウォラーは、ワシントンシンクタンクである米国企業研究所(American Enterprise Institute)である演説で「現在の政策が経済を鈍化させ、インフレを2%に戻すことができる良い位置にあるという確信がますます大きくなっている」と述べた。

ヨンジュンは12月に再び会議を開き、金利政策を更新する予定だ。 中央銀行はインフレ率を2%に下げるために金利を引き上げており、その目標に近づいてきました。 インフレは2022年6月の最高値である9.1%から10月の3.2%に急落しました。

中央銀行は、経済の「連着陸」と呼ばれる景気後退を避けるために金利を下げるよう努めてきました。 最新の経済データは、そのような結果に希望を追加します。

通貨取引では米国ドルが日本円147.50円から147.23円に下落した。 ユーロの価格は$1.0992から$1.1000に上がった。

___

APビジネス作家Damian J. TroiseとAlex Veigaがこのレポートに貢献しました。

READ  世界の株式は景気後退、COVIDの恐怖が近づき、ほとんど下落
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours