強固な債券が強化され、アラバマ – 日本関係が祝われます

1 min read

晩餐では、JASAは エイズ そして、最高の栄誉であるSamuel Ullman賞をアラバマ商務省次官補として授与しました。 AIDTでは、Castileは多くの日本企業が労働力を集めて訓練し、ビジネスの成功への道を磨くのに役立ちました。

Ivey 知事はこう述べています。 「アラバマと日本は、私たちの共同目標を発展させる強力な個人的な関係に基づいて長い友情を享受しました。 「Ed Castileはこの特別な関係に大きな貢献をした人の一人であり、彼がSamuel Ullman賞を受賞することを嬉しく思います。

彼女は「エドは私たちをひとつにまとめる経済的、個人的な絆を強化するために一生懸命努力してきたので、この栄誉を享受する資格が十分だ」と付け加えた。

Castileは、アラバマ州で日本企業と協力して彼に深い報酬を与えたと言いました。

「この賞を受けることができるようになり、とても光栄で、当然謙虚に考えています。 私たちはアラバマ州に世界最高の会社を持っており、ほとんどが日本企業です。 私たちの日本の会社、パートナー、友人はエリートです。」とCastileは言いました。

「日本人は優れたエンジニアでありビジョンのある技術者です。 しかし、私の目に見える特徴は、他人に対する一貫した尊重と尊重です。 これは専門性の定義です。」と彼は付け加えました。

賞はバーミンガムのサムエル・ウルマンの名前にちなんで命名されました。 彼は第二次世界大戦以来、日本で大きな人気を集めた「青春」という詩を書きました。

成長する存在

「これはビジネスを超えた特別な関係であり、今後数十年間持続し成長します。 」



JASAディナーは、アラバマ州で化学、鉄鋼、ハイテク素材、栄養補助食品などの産業を運営する日本企業が自動車製造に集中していることを強調しました。

コマースデータによると、日本企業は2010年以降、アラバマ州に60億ドル以上を投資した。

何十年もの間、日本の企業は、ハンツビルやバーミンガムなどの大都市だけでなく、ジャスパー、クルマン、スティール、スコッツボロ、アルバートビルなどのアラバマ全土の小規模コミュニティでも主要雇用主となりました。

また、日本は年間約20億ドル規模の双方向貿易を通じて国の最高貿易パートナーです。 Commerceデータによると、アラバマ州で最も輸出されている品目には、輸送機器、化学物質、紙、鉱物が含まれています。

晩餐では、6つの日本企業が州で新しい成長計画を始めた功労を認められました。 彼らは:

  • ダイキンアメリカ(ディケーター)
  • 大東ヒレックス(クセタ)
  • 北米照明(マッスルショール)
  • パーマバイト(オペリカ)
  • 昭和グループ(Fayette)
  • トプレアメリカ(カルマン)

ヒルソン氏は、この6つの拡大により、257の新しい雇用と1億5,800万ドルの資本投資がアラバマ州に創出されると述べた。

アラバマ商務省の大臣であるGreg Canfieldは、次のように述べています。 「これはビジネスを超えた特別な関係であり、今後数十年間持続し成長するでしょう。」

JASAディナーには日本米州協会会長のPeter Kellyの演説もありました。

このイベントに続き、Mark Brazealが参加したビジネスフォーラムが今日続きました。 松田トヨタ製造 Huntsvilleにある23億ドル規模の自動車組立工場の未来がどのように広がるかについて話します。

READ  台湾は日本で最高のICサプライヤーとして残っています。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours