彼は長年日本で教えてきました。 ある中国人教授が尋問のために北京に召喚されて消えた。

Estimated read time 1 min read

日本は東京に居住する中国人学者事例を「礼儀注視」している。 パンユンタオ昨年帰国後に行方不明になった。 日本アジア大学教授のパン氏は2023年2月に中国を訪問し、翌年4月に新しい学年度開学のために日本に戻る予定だった。 しかしそれ以来、教授のすべての痕跡が残っていました。 刑務所通信によると、ファンは失踪前知人に中国当局から尋問を受けたと打ち明けた。

日本のメディアが強調したように、ファンの行方不明は、近年発生した一連の同様の出来事の1つにすぎません。 昨日の記者会見で、日本政府の広報担当者は次のように語った。 林吉正日本政府もこの問題を認識し、明らかにするために努力していることを確認しました。

林教授は「これは日本大学で長年教えてきた教授の人権に関連する問題」と話した。

他のニュースも読んでください。 ノヴァニュース

ここをクリックしてWhatsAppのアップデートを入手してください

Nova Newsのソーシャルチャンネルで私たちをフォローしてください。 Twitterリンクドインインスタグラム、 電報

READ  日本の踊りの時間:技術と体力を兼ね備えた豊富な才能
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours