経済

彼らの子供が連れて行かれました。 今、彼らは日本法を取り戻すために戦います。

日本政府は、長い間、自国民に領事のサポートを提供するだけだと主張してきました。 「このセミナーの目的は、主に海外に居住する日本人に国際親児童誘拐の深刻性に対する認識を高め、今後の児童が国境を越えて移動することを防止することです。」と明らかにした。

しかし、日本の児童拉致問題は今、フランスだけでなく、オーストラリア、米国とも外交葛藤に駆け上がっている。 フランスの当局は、100人以上の子供が68人のオーストラリアの子供と同じような状態に閉じ込められたと推定しています。 米国では、そのような状況に置かれた475人の子供がいます。

これらの家族の紛争のほとんどは、クレームと反対クレームにより泥沼にはまっています。 虐待と暴力の話がありますが、長い法廷闘争につながる不和と友好的な離婚の話もあります。 12人の日本人と外国人の親の両方 シドニーモーニングヘラルド そして 年齢 暴力や虐待容疑を否認した。

日本の状況を特に困難にすることは、法的システムが二重親権を認めていない外国の裁判所が日本人親に不利な判決を下げるにもかかわらず、変更も子供の連続性を好むということです。

「日本の問題は、ゼロサムゲームであるという点で、勝者と敗者だけがあるということです。」 彼女の後に続いて東京で2年以上の子供たちに会おうと試みたオーストラリアの二母キャサリン・ヘンダーソンが言いました。 日本人の夫は2019年4月荷物をまとめ去った。

「子供の最善の利益に関することは何もありません。」

このような状況により、子供のための保証されたアクセスが保証されていない状態で、自分の請求に異議を提起する外国と日本のパートナーと絶望に陥った数十人の親があります。

ほとんどの西側諸国の重要な外交同盟国である日本は、現在自分の位置についての継続的な国際的圧力を受けています。 オリンピック期間中のフランス人の父Vincent Fichotは東京オリンピックスタジアムの前で、ほぼ3週間断食闘争を行いました。 彼は妻が子供と一緒に突然姿を消した後、3年の間に子供を見ていませんでした。

日本に居住するフランス人Vincent Fichot(左)が、東京オリンピック期間ハンスト中千駄ヶ谷駅前でEU大使を会っている。信用取引:ビオラカム

エマニュエルマークロング、フランス大統領は、オリンピックを祝うために東京を訪問したが、昨年7月に菅義偉日本の首相が訪問したときに、この問題を直接提起した。 マリスペイン(Marise Payne)オーストラリア外相は5月茂木町ミス日本の外相、岸ヒ信夫防衛相との会談で、同じ措置を取った。

東京駐在のオーストラリア大使館の関係者は、6月親たちに、「これは確かにオーストラリア方式と日本方式が一致していない問題だ」と述べた。

外務省は、昨年の旅行勧告を更新して、日本の親権法律がオーストラリアと非常に違うと警告しました。

「日本の裁判所は、一般的に「いつもの居住地」に残っているのが児童の最善の利益だと思います。」と明示されています。 「したがって、裁判所は、一般的に、最近の子どもの世話を親に単独親権を付与します。」

カメラに向かって中央にあるVincent Fichotは東京で断食闘争をしながら、西欧メディアの注目を受けました。

カメラに向かって中央にあるVincent Fichotは東京で断食闘争をしながら、西欧メディアの注目を受けました。 信用取引:ビオラカム

しかし、オリンピックでFichotの抗議、親の数年間のロビー、同盟国の強力な言葉は、日本の指導者に熱を降り始めました。

安倍晋三元首相の弟である岸防衛相は「 シドニーモーニングヘラルド そして 年齢 東京でのインタビューで、「改革が必要であれば改革を議論し、議論しなければならない」と述べた。

彼は「政府は何正当であるか議論し、議論すべきだと言いたい」と語った。

岸信夫日本の防衛相。

岸信夫日本の防衛相。 信用取引:ビオラカム

日本の野党代表的な枝野幸男(Edano Yukio)は、圧力が高まっていると言いました。 彼は「オーストラリアをはじめとするいくつかの先進国がこの問題を指摘している点を深刻に受け止めている」と述べた。

“一方、圧倒的に日本の家族に関する事件の多くは、家庭内暴力を避けて母や女性であるということです。 したがって、例えば、共同親を認めるために割り込んだり押しつける家庭内暴力、被害者と多くの問題が発生する可能性があります。」とEdanoが付け加えました。

日本の内部では、親が子供の親権を取得して、他の親が子供と対話することを禁止される事例が蔓延しています。

Izumi Dobashiは4年半前に13歳の娘、12歳の息子、9歳の娘を最後に見ました。

結婚前の名前だけ教えてくれという土橋は、日本の夫といろいろな事情で対面したが、結婚13年目にも止まらなかった。 彼女は「いくら言葉を終了結ぶと言っても拒否した」と述べた。

三人の子供の写真と一緒に土橋泉。

三人の子供の写真と一緒に土橋泉。 信用取引:ビオラカム

最終的に彼女は彼を残し子供を連れて行くことにしました。 彼女の夫は、何が起こっているかどうか悟っ学校で彼女と対面しました。

警察は、紛争が解決されている間、彼女の二人の子供が父親の母親と一緒に必要だと判断しました。 末娘は兄弟姉妹が欠場おばあちゃんの家に滞在していることを知りました。 彼女は一度訪問すると、一度も離れることでした。

土橋は「それは私が彼女を最後に見たことがなかった。」と述べた。

日本法は、構造化されているので、訪問権は親が分離したときに子供と一緒にいた親が交渉します。 日本と外国の他の多くの親と同様に、Dobashiは子供に送信はがきを1年に12枚受け取りました。 会議もなく電話もありません。

彼女はカードを一つ一つ手で作って売るとクマに詰めました。 彼女の子供たちがそれを開いたときに、彼らは、ポップアップします。 2018年5月に、彼女は夫からの写真をいただきました。

彼女は「子供たちがはがした」と語った。 「彼らの一人は「ダイ、古い老婆」というカードを差し出した。

それ以来、彼女のカードは6年で減ったが、39歳の彼女は子供たちに手を差し伸べる努力を停止していない。

「私は母親として、常にそれらを愛し、常に会いたかったそれらを非難していなかったことを、彼らは知っていました。」と彼女は言いました。 「あなたのせいではない。 私たちは、それはあなたのせいではないことを知っている。 “

前SBS記者のスコットマッキンタイア(Scott McIntyre)の二人の子供の父親は2019年5月以降に子供を見ていませんでした。 彼は日本を離れることはないでしょう。 これは日本の元妻が離婚することができる権限を付与して、子供を見る機会をブロックすることがあるという恐怖からです。 彼の子供は全然。

「私は私の子供たちがどのように見える覚えることができず、彼らの声の音も覚えることができず、その臭いも思い出すことができません。」と彼は言いました。

「子供の姿を覚えていないということは、それによる苦痛と悲しみは計り知れません。」

オーストラリアの女性キャサリン・ヘンダーソン(Catherine Henderson)は、東京に住んでいた。 彼女は夫が娘と息子を誘拐したという事実を知って仕事を終えて家に戻ってきたと述べた。

オーストラリアの女性キャサリン・ヘンダーソン(Catherine Henderson)は、東京に住んでいた。 彼女は夫が娘と息子を誘拐したという事実を知って仕事を終えて家に戻ってきたと述べた。

Hendersonは多くの親と同様に、日本の裁判所を介して継続して、彼女の事件を追跡しており、いくつかの集団訴訟の一部です。 50歳の英語の先生は優勝への希望がほとんどありませんが、彼女の子供たちが、彼女ができるすべてをしたことを知ることができようにしています。 彼女は授業料を支払うが、成績表を見ることができません。

ロード中

「あなたは、子供と一緒に誕生日を送信していないので、子供の年齢を忘れました。」と彼女は言いました。

すべての親は、制限時間内に働いています。 子供が16歳になるとハーグ条約に基づいて、もはや親権を得ることができません。 それらへのアクセスができない状況で、彼らは自分が自分に背を向けることを心配したり、自分の存在を知らないことができると心配します。

米国擁護団体Bring Abducted Children Homeを運営するJeffery Morehouseは、「他の親があなたを望まない場合は、ペトリ皿に盛られているか、死んだという話をよく聞く」と言いました。

モアハウスは、米国で日本人の妻を相手にした2件の親権訴訟で勝訴したが、10年以上の息子モチーフを見ていない。

“彼らは他の親を消す」と彼は言った。 「子供が誘拐されると、自分たちの生活全体が嘘の基礎の上に築かれます。 “

今モアハウスが選択できる唯一の方法は、インターネット上で、日本語と英語でされた手がかりをまき散らすことだけです。 息子が好きなとき彼を見つけることができると思います。 彼らは全く連絡していない可能性があります。

「まだ目を覚ます彼の声が聞こえるようです。 今、学校に行く準備をして、彼の距離を取ってバスに乗らなければならない時です。」と彼は言いました。

「我々は、すべての買い物をしているが、ほとんどの人は、食料品店を歩き回って子供を思い出させる声を聞い経験がありません。 膝を持参します。」

東京から新幹線で1時間の距離にある神道の村でニックネームだけ歌ってくれオーストラリア父カーブは3年間の娘を会わなかった。 彼女は、道路からわずか3.6km離れた所に住んでいます。

彼は「今は彼女が世を去ったようで、私は全く悲しいことができなかった」と語った。

KavはShinto Villageの自分のユーカリの木の隣に座っています。

KavはShinto Villageの自分のユーカリの木の隣に座っています。 信用取引:あなたの維持ニオイ

元オーストラリアテコンドー選手がユーカリの木、バンクシア、アカシアでいっぱい和解ハブを構築しています。 彼は1000平方メートルの倉庫を賃貸し、今では多くのオーストラリア系の日本の子供たちが再び見ることができないアウトバックの色、形、および香りで満たしています。

彼は日本人とオーストラリア人の両親が一緒に集まって会話を交わして、親と子の生活を台無しにと言うの紛争を介しての方法を見つけることを希望するところです。

娘を見ることができるすべての機会を与えたい」と語った。「月に2〜3時間であってもいいのに。

「私だけでなく、村、日本の農業と地域住民が支援します。」と彼は言いました。 「彼らもこのようなことが起こるしたい。」

モアハウスはまだ最後の一枚の楽観論を握っていると言います。 彼は2017年に勝訴した最後の親権裁判所の訴訟の一環として、彼は息子のビデオを見ました。 餅は父を考えたことがあるのか​​という質問を受けた。

モアハウスは「彼は時々私夢を見ると答えた」と述べた。 「その時、彼は泣き始めました。 6歳の時に誘拐された少年が、まだ私を覚えていることが分かった。 それは希望の偉大な信号です。 “

READ  日本では、500ドル未満で田舎の邸宅があなたのものになることがあります

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close