理科

彼女が好きなことを勉強する – 日本語と神経科学 – ニュース

大学で狩りをするときMaya Taliaferro 21はHamiltonとそのオープンカリキュラムが日本語と神経科学のための彼女の異質関心を追求するために完全に適していると思いました。 今の先輩であるTaliaferroは、自分が正しい選択をしたと確信しています。

彼女は神経科学を専攻して、日本語を副専攻し科学専攻と日本京都で、キャンパス外の研究学期のバランスを合わせることができました。 彼女が参加したプログラムのタイミングは、運が良かったです。 少し早く始めたのでCOVID-19感染症が原因で短くなる前に、ほとんどの経験を圧倒しました。

専攻:神経科学

未成年者:日本

出身地:Ambler、Pa。

高校:Wissahickon高校

より多くの学生の話

日本留学は彼女の大学のキャリアのハイライトでした。 Benjamin A. Gilman International Scholarshipを受けたTaliaferroは「留学プログラムが強力で、海外留学のための財政的支援が本当にいいことを知っていたので、ハミルトンに本当に惹かれました。」と言いました。

海外にいる間、彼女は生物学研究室で仕事をする機会を持ちました。 「だから、私はまだ私の好きな科学的なものに追いつくことができたし、日本でそのようにして私の日本語を練習することができました。 本当に完璧なミックスでした。 本当に大変でした。」と彼女は言いました。

タリアフェロがハミルトンを卒業した後、彼女の計画は、米国で神経科学の博士課程に入る前に2年間の研究の仕事を得ることです。

「しかし、私は日本を愛し、そこから経験した経験が好きです。 だから、私はそれとの相互作用を絶対失いたくありません。 日本にいるときに出会った日本の友達が何人いて連絡を取り合うしたい。 しかし、キャリアの面で大学院卒業後は米国だけでなく日本でも仕事を検討します。」と彼女は言いました。

ハミルトンの学生は日本語を専攻または副専攻することができます。

READ  古代の地球は本当に静かな水の世界であり、新しい証拠が確認しました

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close