スポーツ

待望の「スーパーマリオ」のテーマパーク、日本オープン

行く! 数ヶ月の間に流行が遅れた後、任天堂初のテーマパークで、実際のBowserの城で「Mario Kart」に乗ることがファンを喜ばせるために木曜日に日本でドアを開けた。

明るくブロックのような環境が古典的な「スーパーマリオ」のゲームですぐに出てきたこのアトラクションは、大阪西部の都市にある既存のユニバーサル・スタジオ・ジャパン遊園地の一部です。

USJのマーケティングコミュニケーションマネージャーであるAyumu Yamamotoは「私たちは、ゲームの世界を完璧に再現しました….実物サイズのピラニア植物とBowserを見つけることができ、Marioとなるのがどれなのかが分かるでしょう。」と言いました。

彼は水曜日試写会で記者たちに「ここを開くために予想していたよりも、ほぼ1年がかかり、私たちは本当にうれしい」と語った。

「スーパーファミコンワールド」と呼ばれる新しいゾーンは、元の昨年コロナウイルスが原因で延期された東京2020オリンピックを控えて大きな群衆を引き込むことが予想された。

しかし、発射は2月ミルォジョト近づい日本政府が急増する事件を抑制するために、2021年の初めの緊急事態を宣言しながら、再び延期された。

人気のマリオのゲームの音楽が公園全体で再生され、スマートフォンに接続されたリストバンドを使用して、訪問者は、イタリアの配管のようにブロックをパンチングして、仮想コインを収集することができます。

赤いプラスチック製のバイザーに取り付けられた拡張現実ゴーグルはレースゲームに命を吹き込むことができる公園の主要観光スポットの一つである「マリオカート」に乗るために使用されます。

乗ることはマリオの敵悪亀のBowserの予感城の周りのトラックに沿っていくが、各座席には、ステアリングホイールがあり、プレイヤーは、相手を収集し、撮影することができます。

このエリアは、かわいい緑の恐竜ヨッシー、ピーチの性、マリオのテーマレストランとキノコ王国の実物大のキャラクターをベースにした乗り物を誇っています。

ファンはAFPのUSJによると、600億円(5億5000万ドル)以上の費用がかかる公園開場について非常に喜んだ言いました。

大阪に住む19歳の河野宏樹大学生は「幼い頃からマリオを演じてきました。マリオの世界に入ることができると期待していなかったので、非常に興奮されます。 “

– 「今日を待ってい ‘ –

会社員レイ東モットー(25)も発売に喜びました。 「私は、年間利用券を持ってイトオソイマリオワールドが作成されていることを知っていたし、今日が来るまで1年前から待っていました。」と彼女は言いました。

似たような地域がオーランドとハリウッドのユニバーサル・スタジオ・パークに計画されています。

最初の「Super Mario Bros」のゲームは、1985年NintendoのNESコンソール用にリリースされました。

Marioが走って障害物を飛び越えてコインを集めて邪悪なKoopa亀からPrincess Peachを求めるプラットフォームのゲームは、以前にリリースされた「Mario Bros “アーケードゲームに基づいています。

それ以来Marioはレース、サッカー、ゴルフなどさまざまな形式で登場しました。

「スーパーマリオブラザーズ」の製作者である宮本茂が昨年12月に公開されたプロモーション映像で公園を見回した。

宮本は「ついに完成しました!公園を実生活で見る大きな印象を残します。」宮本は、巨大な緑のパイプから飛び出したマリオの「パパ」と自信を描写した。

「コインブロックのような小さな活動と、より大きな活動があります。様々な活動の3つの鍵を取得する最終活動的なBowser Jrとの戦いを行うことができます。 “

彼は「自分で公園を経験するようになっとても嬉しいです。」と付け加えました。

kaf / sah / dan

READ  国務長官はDerek WilsonをSports Grounds Safety Authority議長に任命しました。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close