トップニュース

待望の「進撃の巨人」×「hexaRide(ヘキサライド)」コンテンツ第2弾「壁マリア最終奪還作戦 「今年の冬お台場に登場

※写真を掲載する際は、次の著作権表記の記載をお願いいたします。 ©諫山創/講談社©諫山創・講談社/「進撃の巨人獣の巨人伝」製作委員会

Brogent Japan Entertainment株式会社(以下BJE)が担当VRライド型アトラクション施設「hexaRide(ヘキサライド)」から、人気漫画「進撃の巨人」を素材にしたVRコンテンツ第2弾「進撃の巨人月マリアの最後の奪還作戦 <짐승의 거인 전> “の提供を2020年12月4日(金)から開始します。

本コンテンツは、圧倒的な強さを持つ巨人とそれに対抗人間の戦いを描いたダークファンタジーバトル漫画「進撃の巨人」コミックス19巻、20巻、21巻に収録されているエピソード “壁マリア最終奪還作戦」獣の巨人戦をもとにBJEが開発した完全オリジナルストーリーのVRコンテンツです。搭乗者は、調査兵団の一員として作戦に参加してアルビンの指令の下でリヴァイブに市街地や立ちはだかる巨人の間を縦横無尽飛び回って獣の巨人に奇襲を敢行します。

ヘキサライドで乗り物の動きがオリジナルストーリーに完全に同調して滑空移動による浮遊感と今後の巨人の姿をリアルに再現した「進撃の巨人」の世界観に圧倒的没入感を生み出します。 無慈悲に襲い巨人のための前例のない恐怖と緊迫感あふれる戦闘を体験することができます。

また、ヘキサライドの詳細については、公式サイトSNSなど随時発表する予定です。 乞うご期待ください。

【本編ストーリーの前後を描くプロローグ・エピローグが加わった「配信限定」をひかりTV・dTVチャンネルで配信決定! ]
また、本編ストーリーの前後を描くプロローグ・エピローグを加えた「配信限定「配信も決定した。 2D映像でありながらユーザー一人称視点を生かした演出とバイノーラルサウンドは、これまでのアニメーションや他の映像体験が可能です。

ヘキサスライドの操作に先立ってひかりTVとdTVチャンネルで「プロローグ」を配信してもヘキサスライドの操作に応じて、プロローグ、VR本編エピローグをすべて含む「配信限定「乙サービスとして提供します。

[ “배달 한정판”정보]
VR本編とプロローグ・エピローグに沿って一連の作品で楽しむことができる2D映像作品です。 ヘキサスライドでのVR体験だけでなく、2Dで楽しむ映像作品を繰り広げることになりました。

一人称視点を生かした演出を導入して話の世界の一員になったような気分で楽しむことができる2Dアニメーションとは異なる映像体験が可能です。 視聴時のヘッドセットではなく、フラットパネルモニタを使用します。

[내용 개요]
■名称:「進撃の巨人月マリア最終奪還作戦 <짐승의 거인 전> “
■プレイ人数:1〜12名■体験時間:VR本編約7分
■ストーリー

<프롤로그>
壁マリア最終奪還作戦に参加することに調査兵団新兵たち。
トロストクロ続く道獣の巨人と複数の堅い巨人によって妨げられた。
また、獣の巨人透析して、壁マリアの家が次々と崩れていく。
絶体絶命の状況に置かれている中で、君たちはアーウィンで最後の作戦を述べている。


アルビンは調査兵団を率い獣の巨人のために総勢による騎馬突撃を開始した。
獣の巨人による透析が激しくなる中で、君たちはリーヴァイ一緒に立体機動装置で、
建物の堅い巨人に伝え獣の巨人を奇襲するーー。

<에필로그>
時間時や敷地内の屋根。 瀕死のアルビンと民の近くには、リーヴァイは、調査兵団の仲間がいる。 リーヴァイ巨人化の注射によって、どちらを生かす一つの選択を余儀なくさがーー。

<舞台キャラクター>

・リーヴァイCV:神谷浩史
調査兵団の兵士長さ。 人類最強の兵士たちと注目される存在で、仲間で、「軍曹」とされている。

・アルヴィンCV:小野大輔

調査兵団を率いる団長。 希望になら人間性も捨てられる特別な覚悟の所有者。

■ひかりTV・dTVチャンネルで配信スケジュール
11月21日(土):プロローグ映像を先行配信
12月4日(金):プロローグ・本編・エピローグすべて含む内容を限定配信(ヘキサライド稼動開始)

【「進撃の巨人」について】

コミックス電子ブックの累計部数が全世界で1億部以上、全世界18の言語180カ国以上で出版されているなど、日本だけでなく世界中に衝撃を与え続けた作品(現在1〜32巻講談社刊)。 その魅力は、作家・諫山創描く出す話世界。 人類を捕食する謎多き「巨人」読売の侵入を防ぐ高い「壁」に囲まれた人類の居住地巨人に対抗するために開発された「立体機動装置」、…などの独創的なテーマは、日独た読者の心を離さない。 アニメやゲームはもちろん、映画やCM、多数の企業と共同企画などの影響は、ほぼすべてのメディアに広がっており、今、日本で最も読ま漫画といっても過言ではない。
©諫山創/講談社

[“hexaRide(헤키사라이도)」개요】
■ 시설 명 : “hexaRide”
■ 주소 : 다이버 시티 도쿄 플라자 ((우) 135-0064 도쿄도 코토 구 아오 미 1-1-10 5 층)
■ 영업 시간 : 10 : 00 ~ 21 : 00
■ 체험 요금 :
성인 (18 세 이상) : 1,300 엔 (세금 포함)
보통 사람 (13 세 이상 17 세 미만) : 1,000 엔 (세금 포함)
어린이 (7 세 이상 13 세 미만) : 500 엔 (세금 포함)
※ 복수 견적 : 2 인 이상 10 % OFF
■ 휴관일 : 관에 준하는
■ 공식 사이트 :http://www.hexaride.jp■ 기타 : 각종주의 사항 및 가동 일정에 대해서는 공식 홈페이지를 확인하시기 바랍니다.

초현실적 라이드 형 극장

도쿄 오다이바의 일각에
포함 된이 기계는
이 공간과의 접점을 출현시킨다
최신의 공간 이송 차량.
6 방향 자동차에 의한 12 인승 좌석이 역동적이고 섬세한 움직임, 다양한 360도 VR 영상과 연동하여 압도적 인 몰입 체험을 즐길 수 있습니다.

기계 모델 : Q-Ride
제조 : Brogent Technologies Inc.
특징 :
● 6 방향 자유 이동식 플랫폼
6DOF 모션 플랫폼
①Heaving : 상하로 움직이는
②Pitching : 앞뒤로 기울
③Rolling : 좌우로 경사
④Yawing : 좌우로 선회
⑤Surging : 앞뒤로 움직이는
⑥Swaying : 좌우로 움직이는
● 압도적 몰입 체험
몰입감 넘치는 경험
● 여러 콘텐츠 탑재 가능
여러 콘텐츠 사용 가능

[히카리 TV 정보]
株式会社NTTぷららが運営する映像配信サービスです。 ひかりTVは、インターネットを介して家庭のTVやPC、スマートフォン・タブレットPCなど、様々な機器・1で人気のある映画やドラマ、アニメなどの映像作品や専門チャンネル、さらにはクラウドゲームや音楽配信サービスなどを楽しむことができる総合ライフエンターテイメントサービスです。 詳細については、ひかりTVホームページ(https://www.hikaritv.net/)を参照してください。
※1一部利用できないサービスがあります。

[dTV 채널 정보]
株式会社NTTドコモが提供する映像配信サービスです。 ひかりTVチャンネル+を含む、映画、ドラマ、アニメ、音楽、ダンス、ドキュメンタリーなど、約30のプレミアム専門チャンネルを存分に楽しむことができます。 本サービスは、(株)アイキャスト放送調達を担当してNTTドコモとNTTぷららが共同で企画・運営しています。 「dTVチャンネル」は、NTTドコモの登録商標です。

READ  鬼滅ブレード: "悪魔声優」が豪華すぎる話題"今退場!?」「贅沢すぎる」うるさい - MANTANWEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close