経済

復帰後の沖縄の繁栄:龍保ホールディングス糸和子小一会長とのインタビュー

沖縄は50年前の1972年に日本政府に復帰しました。 一人当たりの所得で県が引き続き最下位を記録していますが、沖縄の唯一のデパートを運営する龍保ホールディングスの会長である伊藤和幸一(沖縄幸一)沖縄のビジネスリーダーは、復帰が沖縄にとって良いと主張します。 経済。 彼は経済がどのように成長したか、会社の経験と将来の見通しについて話します。

那覇空港からゆいレール沖縄都市モノレールに乗って12分ほどの那覇中部元町前駅出口を右折すると、すぐに白い10階建ての龍宝百貨店が目に入る。


龍宝百貨店は沖縄県庁と那覇市役所の向かいにある那覇中心部の主要な位置を占めています。

三菱や山形屋などの主要デパートは、以前は沖縄に支店がありましたが、これらの事業者は全国的に店舗を閉鎖しており、沖縄でも例外ではありません。 現在、県に残っている唯一のデパートは龍宝デパートです。

このデパートに加えて、親会社のRyūbō Holdingsは、コンビニエンスストアチェーンである沖縄ファミリーマートやRyūbō Storeスーパーマーケットなど、他の小売事業で活発に活動しています。

この大企業の歴史は、1948年に日本の本土や外国と商品を交易するために琉球貿易商社が設立されました。 その後、スーパーマーケットとデパートに事業を拡大し、年間売上高1,000億円以上の企業グループに成長しました。 龍保ホールディングスの伊藤和会長はかつてファミリーマートの米国子会社のCEOを歴任しており、沖縄財界の主役だ。

沖縄経済の変化や、流宝デパートが日本政権に復帰してから何十年にもわたってどのように過ごしたかについて会長に尋ねた。

復帰は繁栄をもたらした

「日帝復帰が良いのかどうかについては意見が分かる。 一部の人々は、沖縄がアメリカの政権の下にいたならば、さらにグローバル化されたと信じています。 しかし、客観的に言えば、沖縄は復帰のおかげでもっと繁栄したと思います。

伊藤kazuにとって、沖縄と本土間の自由な動きから始まる利点は明らかです。 以前は沖縄を統治した米国政府機関である米国琉球列島行政庁が発行した日本旅行文書が必要でしたが、1972年現在、その文書はもはや必要ありません。

Itokazuは、「沖縄が日本の支配を受けた瞬間、本土への出張が急増しました。 両方向の増加した交通量が沖縄経済にプラスの影響を与えたことを強調しながら、多くの人々が知識と技術を伝えるために沖縄を訪れたと述べています。

一方、沖縄は日本の47の都道府県のうち1人当たりの所得が最も低く、貧困世帯が多い。 Itokazuはこれが実際に問題であることを認めています。 「私は、沖縄が依然として順位の最下位にある状態で、一人当たりの収入成長の遅れが、沖縄の経済が成長していないことを意味することに同意しません。 50年前に比べて生活水準が大幅に向上しました。

伊藤和氏は、沖縄で育った自分の印象に基づいて、当時は今日より貧しい世帯数が多かったと言います。 1972年県の一人当たりの年間所得は44万円で、全国数値の59.5%に相当します。 現在、沖縄住民の所得は240万円で、一人当たりの国民所得の74.8%です。

Ryubōデパートの結果は、改善された地域生活レベルを直接反映しています。 売上高は1972年40億円から2019年181億7000万円と頂点をとり、50年ぶりに4倍成長した。 「小売業では、私たちは顧客と直接取引しています。 彼らが買い物をする余裕がなければ、私たちの事業も苦しんでいます。 復帰以後、持続的に成長してきたというのは、沖縄経済がしっかりとなったという証拠だ」と話した。

世宗グループのノウハウを活用

デパートの成功要因の一つは、当時西武百貨店の親会社だった世宗グループと個人的な縁で結んだ業務提携だった。

「帰ってきた直後、当時、サイソングループの社長だった津sumi西jiが沖縄に来ました。 津塚と龍荘の当時のCEOである三嶋達彦は東京大学の同門であり、津sumiは沖縄経済に役立つように情熱的にビジネス関係を提案した」

リュウボウを沖縄屈指の企業として育てた後宮里達彦。
リュウボウを沖縄屈指の企業として育てた後宮里達彦。

「Ryūbōはその配置を通じて、故郷の島であらゆる種類の商品を備蓄することができました。 サイソングループはまた、当社の従業員と一緒に東京の主要デパートに精通した多くの従業員を派遣しました。 このように、私たちは販売する商品の幅を広げると同時に、サイソングループの従業員と個人的な関係を築くことができました。 後でアフィリエイトが解除されたが、得られた知識は龍房の成功に大きく貢献した。

ニッチ事業の構築

Ryūbōだけでなく、多くの地域のビジネスが復帰後の経済発展の恩恵を受けています。 しかし、伊藤和氏によると、沖縄は依然として多くの分野で遅れており、その一つは技術に固執するという願望です。

「ここの人々はしばしば貪欲に欠けており、彼らのスキルを向上させるのに十分に懸命に働いていません。 代わりに、受動的に座ってスーザーで知識を習得するのを待つ傾向があります。 彼らが優れているように学び、改善しなければ、ノウハウを吸収することはできません。 それが沖縄の弱い場所であり、それが変わらない限り、県の一人当たりの収入は常に最低レベルを維持します。

観光客を集団に追い込んだコロナ19大流行も打撃を受けた。 Itokazuは、生存と繁栄のためにRyubōが技術とノウハウを学び、国内で育った能力を開発しなければならないと強調します。 また、ユニークなセールスポイントが必要であり、伊東kazuが考えるのはニッチ戦略です。

「これから海外でニッチ商品を積極的に発掘して備蓄していきます。 主なデパートの場合、収益性のないアプローチですが、Ryubōはこの分野の専門性を開発する必要があると思います。 ニッチな市場でも、そのような製品をたくさん提供することで利益を得ることができます。 本当にこんなの好きな人が惹かれました。 さらに、他の企業がそのような製品を扱っていないので、競争がないでしょう。 流行する物だけを売れば価格競争が広がり、より大きな売場を相手には到底勝てない」と話した。

世界中のさまざまなニッチ製品を販売するビジネス戦略を採用したRyūbōは、30年または50年後にも引き続き企業になることを願っています。 伊藤kazuは沖縄が市場のニッチを非常に活用すると信じています。

「沖縄は琉球王国時代からいつもそう商売をしてきた。 [established in the fifteenth century in what is now Okinawa Prefecture]。 王国の生存戦略は、アジア大陸の近隣諸国と広範囲に交易し、地域全域で物品を集め、今後の貿易のための基地として役立って利益を残すことでした。

Itokazuは同じ考えがRyubōにも適用できると信じています。 実際、1972年以前は、Ryūbōバイヤーが米軍の航空機に乗って他の国に旅行し、日本で見つけることができないすべての種類の商品をインポートしたため、Ryūbōは輸入品を購入したい人にとって必須のショッピング目的地となりました。

リュボは復帰後に輸入商品の販売を中止しましたが、伊藤kazuはその事業を復活させることを熱望し、より多くの買い手を雇うことによってアイデアに取り組んでいます。 彼はRyūbōがすぐに世界中のニッチ製品を販売することを願っています。

「私の目標は、海外で商品を購入し、ここでのみ販売し、ユニークな製品を探している本土の顧客を流宝デパートに引き付けることです。 私たちの店に再び収入をゲームの名前にし、沖縄の経済成長に役立て続けたいと思います。

(原本は日本語で発行されました。 .)

READ  世代別株式再編の東京の約束は懐疑者を誘います

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close