スポーツ

徳島ヴォルティスは湘南ベルマーレを哀悼し、最後の日まで降格を避けるためにレースをする。

Tokushima Vortisは、土曜日の竹本拳本後半のゴールが直接のライバル湘南ベルマーレを1-0に勝ち、決勝戦で降格を避けるために、Jリーグの第1部リーグの第3戦を果たしました。

先週、23歳のブラジルのミッドフィルダーRiuler de Oliveiraが急性心不全で亡くなったShonanは、ホーム勝利で来年1部リーグに出場することができましたが、現在両チームはそれぞれ1試合ずつ勝点36点で同点を記録しています。 再生します。

レースの3番目のチームであるShimizu S-Pulseは、Urawa Redsとの試合で1-0で勝利したKeita Namuraの93分のスクリーマーのおかげで、最大39ポイントまで移動しました。

3チームはJ1で最後に脱落するクラブにならないことを希望し、4チームのうち3チーム(大分トリニタ、ベガルタ仙台、横浜FC)がJ2に降格することがすでに確認されています。

湘南の監督である山口さとしは、最後のホーム競技が終わった後、シーズン閉幕式で「今週に衝撃的なニュースがありました。

試合開始前にレモンガススタジアム平塚と日本全域の他のすべての競技場でオリベイラにしばらく沈黙が流れました。

激しい接戦が繰り広げられる前半で、Shonanの攻撃者Wellingtonがボックスの端で自分の努力で徳島のゴールキーパーであるNaoto Kamifukumotoのダイビング船を34分で阻止し、まずゴールをテストした。

ストライカーYuki Kakitaの強力なドリブルは徳島の主な脅威でしたが、Ken Iwaoが遠く離れたポストにボールを入れてShonanをだましたとき、訪問者の66分の勝者はうまくいったコーナーから出ました。

Unmarked Taisei Miyashiroは日本の東京オリンピックのゴールキーパーKosei Taniのバリシュートを防ぎ、キシモトはシャツのために後退したにもかかわらずリバウンドをタイにしました。

「私はボールが私の道に落ちると信じていました。 私の意志が線を越えた」と岸本が言った。 「私たちは平静を保ち、いつものようにプレーしました。 私たちは勝利と安全を確保するためにすべてを捧げます(次の週)。

1位のビセル神戸はホームで2位の横浜F.マリノスに0-2で敗れたが、名古屋グランパスに敗れ、3位を確保し、翌シーズンアジアチャンピオンズリーグの自動進出を確定した。

セルティックと連携した大前前田は、ベルギー国家代表トーマス・ベルマエレンの守備ミスを活用して23分、先制ゴールでマリノスで22ゴールを記録した。

彼はガンバ大阪をホームで4-1に破ったブラジルチャンピオンの川崎フロンタレの後を継いで、レアンドロ・ダミアオと共に得点チャート1位に上がった。

少年時代のクラブであるCerezo Osakaに復帰したとき、Yoichiro Kakitaniは素晴らしい自転車キックを成功させましたが、3位を獲得しようとするGrampusの希望は大阪で2-1で敗れた。

鹿島アントラスはホームでサガントスを1-0で破って名古屋を抜いて4位に上がった。 アビスパ福岡は仙台をホームで2-2と見せ、FC東京はサンプレッチェ広島遠征から2-1に逆転勝ちした。

コンサドーレ札幌はホームでとげとレイソルを3-1に、大分はホームで横浜FCを2-0で勝った。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  延期された2020年大会を開催するすべての場所

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close