エンターテインメント

怒りの疾走ジャスティン・リン、ワンファンマン映画出演、シーズン3度進行中

ワンパンマンシーズン3を2年以上待っていたのは、世界中のアニメ愛好家にとって大きな価値があります。 同じ漫画単位で映画が開発されているという事実を知れば嬉しいでしょう。

「怒りの疾走」監督ジャスティン・リンがソニーのワンファンマン映画監督に任命されたとデッドラインが確認した。

Jumanji:Next LevelとVenomでチームを組んだScott RosenbergとJeff Pinknerは、世界中でヒットした漫画シリーズを実写映画として脚色する予定です。 Sony PicturesはShueishaから映画の著作権を獲得しました。

人気の日本のスーパーヒーロー漫画シリーズは、一度のパンチで相手を倒すことができるスーパーヒーロー埼玉の物語を込めています。

2009年日本アーティストONEがウェブトゥーンで作ったワンパンマンは、あっという間に口コミに乗りました。 デジタル漫画リメイクは、2012年6月にShueishaのTonari no Young Jumpのウェブサイトで公開され始めました。 このリメイクもONEが執筆し、村田優介が絵を描き、そのチャプターは定期的に編集され、個別の単冊本として出版されます。 2022年6月現在、26冊がリリースされました。

最初と2番目のシーズンはMadhouseで制作され、それぞれ2015年と2019年に日本で放送されました。 ワンパンマンシーズン3はまだ公式に確定していないが進行中だという。 シーズン3のポスターはありませんが、 Murata Yusukeは最近、Twitterで自分のメッセージを共有し、One Punch Man Season 3(OPM Season 3)のリリースが少し遅れる可能性があると発表しました。

「お待たせいただいた皆様に感謝します。いろいろな事情でワンパンマン最新化オンライン発売が延期されました。もう少しお待ちください。お待たせして申し訳ありません。予定で作業中」と話した。

彼は彼のメッセージでファンに遅れを謝り、長く待たせました。 これにワンファンマン映画のほかにもシーズン3も進行中だ。

現時点では、ワンパンマン映画とシーズン3の確定リリース日はありません。 どちらも確実に更新します。 アニメシリーズや映画に関するその他のニュースについては、Devdiscourseをご覧ください。

READ  タイのバドミントン世界チャンピオンの希望は敗北で終わります

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close