経済

急増するCOVID-19の事例が抑えられ、需要を抑圧とBOJ取締役が言いました。

日本の銀行(BOJ)理事は水曜日コロナウイルス感染症で、日本経済が「深刻な」状況に留まっており、急増するCOVID-19の事例により、抑圧された需要の出現が遅れていると言いました。

BOJ政策委員会の委員であるToyoaki Nakamuraは、日本経済がトレンドに沿って行っているが、宮崎県で地域のビジネスリーダーとの仮想会議で伝染性の強いデルタ変種拡散に起因する下方リスクについて警告したました。

中村東洋紡アキ日銀政策委員会の委員が水曜日宮崎県の財界指導者と仮想会議で| 教徒

中村は会議で「感染の復活のために抑圧された需要(発生)のタイミングが少し遅れている可能性がある」と述べた。 「それ以降は、経済活動が予想よりも多く回復されることを見ることができます。 “

彼はCOVID-19の予防接種の追加進展と伝染病の経済的影響を緩和するための医療システムの強化の重要性について言及しました。

日本経済は、輸出好調と企業の支出に支えられ、4〜6月期に成長を牽引したが、内需需要の主な構成要素である、民間消費は依然として弱を維持しました。 経済学者たちは、伝染病の状況が安定したら、ファンデミクに抑えていた個人の支出が増えると予想しています。

日本政府は、パラリンピックが開催されてから一日に緊急事態を全国に拡大することにするなど、最近急増しているコロナ19事態を防ぐために苦労している。

大流行により、BOJの2%のインフレを達成目標より遠くなりました。 最新のデータによると、変動が大きい生鮮食品を除いたコアの消費者物価は7月に0.2%下落しました。

Nakamuraは日本が需要を促進するために、企業が価格を引き下げることを表示する可能性は低いと言いました。 むしろ企業は原材料のコストが急増し、価格を引き上げて収益性を改善しなければならない。

ファンデミクの初期の影響による海外経済の再開は日本のメーカーが輸出増加を通じて売上回復をすることができました。 しかし、非製造は、特に対面サービスプロバイダは、まだ困難を経験しています。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、話をきちんと理解するのに役立つ可能性があります。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  グローバル中央銀行は、中国が主導するデジタル通貨のテストを控えています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close