怪我から帰ってきた桐山ゆまは、新番組や新コーチと共に「引き立てたい」

Estimated read time 1 min read

Kagiyama Yumaの変更点:Carolina Kostnerと協力

神山が今週末(2023年11月3~4日)に氷上に出たとき グランプリ・ド・フランス アンジェでは、スケート場の隣の彼の隅に新しい顔が現れます。

彼の父親の間 正和 彼のジャンプと技術コーチであり、イタリアのオリンピック銅メダリストであり、2012年の世界チャンピオンとして残ります。 カロリーナ・コーストナー 若いカギヤマの振り付けと芸術的な表現を助けるために参加しました。

Kagiyamaがコーストナーの出身であり、本拠地であるイタリア北部で訓練キャンプを開いたとき、彼らは2023年3月と4月に初めて一緒に働きました。 キャンプが終わった後、柳山チームはKostnerに参加を求めた。 」[She] イタリアで表現力とスケートスキルの向上について多くを教えてくれました。」

これまでのパートナーシップは有望に見えます。 国際大会に戻った9月のチャレンジャーシリーズLombardia Trophyで、Kagiyamaは彼のフリースケートプログラムの構成要素である構成、プレゼンテーション、スケート技術の3つすべてで9点を記録しました。

その月には今年12月、全国選手権大会予選戦である東京地域選手権でも優勝した。 最近、柏山はフリースケーティング部門で198.06点を獲得し、西日本学生選手権大会タイトルを自分のコレクションに追加しました。

コーストナーは「何らかの方法で私の経験を共有することができ、とても大きな栄光」と話した。 ゴールデンスケートに言った 最近彼女の役割。 「私はYumaのロングプログラム(フリースケート)で一緒に働いてきました。私たちはYumaから彼がアーティストとして本当に成長しており、さまざまな振り付けが彼にエコーを起こし始めることを見ることができます。」

最初の主要なテストは、今週末、Kagiyamaが2年前にグルノーブルで開催されたInternationaux de Franceの後、最初のグランプリイベントのためにAngers ICEPACで氷上に出たときに行われます。

桐山は「グランプリシリーズで優勝するには完璧なパフォーマンスが必要だと思う」と語った。 ホーチ

「自分自身を表現するために多くの努力をしています。芸術的にも上手く、スケートも上手に乗れるように最善を尽くしたい」

READ  由紀子篠原 "友人"新しい正規初回から銃撃を受けた出雲麗音」一緒に成長したい」| ORICON NEWS
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours