情報保護は国家安全保障の核心です

Estimated read time 0 min read

今週、内閣は、経済安全保障に関する機密情報を処理するための新しいセキュリティ許可システムを作成する法案を承認しました。

国会は法案を通過しなければならない。 これらの動きはずっと前に行われ、以前は限られていましたが、国の将来に不可欠な多国間プロジェクトで日本の協力を促進します。

日本は2013年12月、国会が特別指定秘密保護法を通過させ、初めて公務秘密保護に乗り出した。 翌年から施行された。 この法律は、「特別に指定された秘密」または敵国が保有する場合、国家安全保障に深刻な被害を与える可能性のある情報を漏洩した個人を処罰します。 この法案は、そのような秘密が適用される4つの分野、すなわち防衛、外交、スパイ、テロ活動の防止を識別した。

READ  日本の遅いCovidワクチン発売、オリンピックに雲投げ| コロナウイルス
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours