エンターテインメント

愛子様の大学で不安に思う」第2の小室ケイ氏「との出会い| 女性自身

(C)JMPA

「大学で新しい知識を得るときに感じられる喜びを大切にしながら、様々なために最善を尽くしていければと思っています」

10月24日、チェックのスカートに紺のブレザー姿は、大きな袋を肩にかけて愛子さまは学習院大学の「初登校」になった。

この日は、愛子さまが進学した文学部日本語の日本文学と1年生約100人が登校教職員の紹介などをするためのガイドラインが開かれた。 コロナ流行に入学式は中止され、授業もオンラインで行われていたため、愛子さまは同級生すべて「初対面」となった。

愛子様が初登校した前日10月23日には秋篠宮の長女マコ様が29歳の誕生日を迎えることができる。

「11月8日に開催される「リップ皇嗣礼」の後に振り子様で「結婚宣言」があるではないか囁かれていた。しかし、ここにきて秋篠宮の側近は、「新型コロナウイルスの影響などで状況この変わったため発表が今年中にあるかどうかは知ることができない」と慎重なです」(皇室担当記者)

希望に満ちた新たな一歩を踏み出した愛子様と国民に結婚への支持を得られず悩んでいる振り子様 – 。

振り子様と小室さんの結婚について天皇皇后どう考えているのだろうか。

「最終的には秋篠宮の問題であるため、甥の振り子様の幸せを祈りながら干渉しない姿勢で静かに守っていくことができるのです。ただ、愛子さまの相手は小室氏のような男性はしないほうが。 ….というのが陛下の思いであることはないでしょうか」(宮内庁関係者)

愛子様も、来年には20歳から遠くない時期に結婚する話が出てもおかしくない年齢である。

「皇族の結婚も、最近では、本人が相手を見つける必要がある場合が多くなってきました。両陛下はもちろん振り子が陛下として公務に臨む姿勢などは高く評価されています。しかし、結婚相手の選択に限っては、愛子さまは振り子様を「反面教師」してほしいというのが本音でしょう。だから、雅子さまは、愛子さまの振り子様とは別の「脱優等生 “大学生活を提案されているとします」(前出・宮内庁関係者)

’10年国際基督教大学に入学された振り子様は’12年6月に小室ケイさんと出会い、結婚前提交際を始めた。

「振り子様は大学3年生で留学するまで一度も単位離れたことがなかったとします。このような失敗がない “優等生”の人生を歩んでこられたマコにとって自分の目標目標に向かって積極的に邁進する小室氏の姿は、まさに「太陽のように “眩しく見えています。」(前出・皇室担当記者)

誠実すぎ性格のため、小室氏に強く惹かれてしまった振り子様。 愛子様も中等学校と女子校で勉強、振り子様と同様に、ほとんどの男子生徒との接触はなく、優等生的な生活を送ってきた。

「学生時代に結婚相手を探してほしいということを考えながら、その相手は国民が納得のような人だったら…両陛下は愛子様の学生生活に期待と不安の両方を抱えて書くことです。皇族・華族のための教育機関に設立された学習院が、現在では一般的な学生が集まっています。」第2の小室ケイ氏」があっても不思議はありません」(前出宮内庁関係者)

最近、女性皇族の方法には、晩婚化の傾向が見られる。 黒田清子さんが夫慶樹氏と結婚したのは36歳の時だった。

現在三笠三宅彬子様は38歳、陽子様は37歳、高円宮家承子様は34歳。 独身まま皇室に残っている。

「晩婚化の背景には、数十年前から議論されている女性三宅創設がまだ実現されていない可能性があります。現在の制度は、女性皇族は結婚に一緒に皇室を離れるています。つまり皇族女性は「女性活躍」を叫ぶ最近も結婚と仕事を両立することができない。このため、皇室にとどまり宿泊公務を継続中、結婚の時期が遅くなってしまう……状況が生まれているのではないでしょうか」(前出・皇室担当記者)

そんな中、大学在学中に自ら相手を見つけたのが振り子様であった。 女学校成長で男子とほぼ接する機会がなかった振り子様は20歳のときに小室さんと会って、翌年にはプロポーズを受けてしまったのだ。

「愛子さまは、将来の結婚相手を選択する前に、ある程度は異性との交友関係があったほうがいいでしょう。大人しい印象の愛子様も学生時代にしかできない経験を積んで、さまざまな人と会ったほしい – 。雅子様はそのように考えられ、愛子さまはあえて「脱優等生」の心構えをくださったのです。」(前出・宮内庁関係者)

母から課せられた心構えを胸に愛子様の「青春」が始まる – 。

「女性自身」2020年11月10日号掲載

READ  ハロウィーン "渋谷に来ること自制を」区長が異例訴え| 新型コロナウイルス| NHKニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close