エンターテインメント

愛知県と福岡県、疑わしい地域社会感染オミクロン事例報告

愛知県政府は、日曜日に2人の女性がコロナウイルスのオミクロン変種に感染したことが確認されたと発表したが、これは県で初めて報告された事例です。

県庁関係者は「40代の母親と10~19歳の娘が同居しており、最近海外旅行力はない」とし「地域社会感染と見ている」と話した。

前日、九州地域でオミクロンの最初の事例が確認され、雪の連休を迎え、旅行を離れる人々が増え、全国的にさらなる拡散に対する懸念が高まっている。

福岡県は土曜日の20代の男性がコロナウイルスのオミクロン変種に感染したことを確認しました。 現政府によると、感染経路が不明確で地域社会感染と推定される。

この男性は最近海外旅行履歴はないが、12月20日まで3日間大阪、京都、岡山などを訪問した。

この男性の親戚を含めて6人が密接接触者に指定されており、すべてPCR検査でコロナ19陰性判定を受けたと現政府が明らかにした。

この男性は水曜日に39.5度の熱がありました。 その後、ゲノム分析により、彼の感染がオミクロンに感染したことを確認した。 彼はCOVID-19に対する予防接種を受けておらず、現在の状態は好転しているが入院している。

オミクロン事例が確認された後、福岡政府は日曜日に県内5か所で検査を希望するすべての人に無料のコロナウイルス検査を提供し始めました。

福岡市中洲ナイトライフで露店を運営する田中博美(48)氏は、長期間の限られた営業時間を終え、ついにその地域に戻った人々が再び消えるかと心配されると話した。

日曜日、奈良県では20代女性がオミクロンに感染したことが確認されました。 現政府の関係者は、彼女がアメリカから羽田空港に到着したフライトで発見されたオミクロン患者の密接な接触者であるため、地域社会感染ではないと述べました。 彼女は予防接種を2回受けた。

土曜日の京都では、40代から70代の4人がオミクロン変異に感染したことが判明しました。 彼らの誰も海外に行ったことがありません。 4人のうち1人は亜種に感染した人と密接に接触しました。 残りの3件は地域社会獲得事例だ。

4人はすべて2回の予防接種を受け、軽微な症状を示している。

大阪では20代男性で地域社会獲得オミクロン事例が2件さらに確認されました。

このうち1人と親族6人は感染者と密接に接触したことが把握され、PCR検査を受ける予定だ。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  McKee、日本でアイルランドとテスト時間を楽しんだ – The Irish Times

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close