戦争を促す「トトちゃん」が主なテレビ番組の核心課題になる

Estimated read time 1 min read

ユニセフ親善大使としてほぼ40年間、世界中の紛争地域を訪れた黒柳哲子氏は、ガザ地区に住むパレスチナの子供たちの苦境に胸がムンクルだと語りました。

90歳の女優は、多くの観客を魅了する有名なテレビ番組に出演するとき、第二次世界大戦、特に1945年に広島や長崎の原子爆弾などの問題を議論することを重要に考えていると述べました。

黒柳は最近、朝日新聞とのインタビューで核兵器を言及し、「どの国でも核兵器を使用したり保有してはならない」と話した。 「それにもかかわらず、一部の国でこれを保有しているという事実は奇妙です。」

彼女は20以上の言語に翻訳された「トトちゃん:窓際の小さな女の子」という本で有名です。 トトちゃんは彼女の幼年期のニックネームだった。

インタビューから抜粋した内容は次のとおりです。

* * *

私が進めていたテレビ音楽番組「ザベストテン」は、1981年8月6日夜、広島で生放送で放送された。

歌手岩崎博美は、原爆ドームを背景にした建物の屋上で「すみれいろの波田」(紫涙)を歌いました。

広島につながった東京のスタジオで原子爆弾で超土化した広島の写真を見せました。

戦争を全く知らない若者に原子爆弾の惨状を知らせたかった。

私はテレビの前に座って「このような悲劇が二度と繰り返されず、みんなが平和を喜ぶことができるように、若者たちをはじめ、みんなが力を集めてほしい」と話した。

私が運営するテレビトークショー「鉄子の部屋」で、私は多くのゲストに戦争の経験について尋ねました。

ゲストの中には、動物の音をまねる技術で有名な芸能人である江戸屋ねこはち3世(Edoya Nekohachi III)などの被爆者の原子爆弾の生存者も含まれていました。 「広島パネル」シリーズを製作した画家の入川丸木敏、「芦ノ玄」(素足の世代)で有名なマンガが中沢慶次。

しかし、彼らはすべて世界を去りました。

歌手美と秋広と元プロ野球選手のハリモト・イサオからも原子爆弾被害経験を聞きました。

誰もが知り、いつも視聴する番組で戦争について話すことが必要だと思う。

来年は私がユニセフ親善大使に委嘱されてから40周年になる年です。

私はイラク、スーダン、アフガニスタンなど紛争地域に住んでいる子供たちと交流してきました。

今パレスチナ領土のガザ地区はイスラエルの攻撃を受けている。

子供たちが被害を受けている様子を見ると、とても受け入れられない状況です。

戦争は人々が生涯忘れられない物理的、精神的な傷を負います。

戦争を始めることが間違っていることを誰もが知る必要があります。 それにもかかわらず、そうする人々がいます。

核兵器も変わらない。

彼らは一瞬で物を破壊し、燃やすだけでなく、人間の体も破壊します。

いかなる国もこれを使用したり保有してはならない。 それにもかかわらず、一部の国でこれを保有していることは奇妙です。

私の夢は100歳で政治記者になることだ。

日本政府に核兵器廃棄政策について尋ねてみてはどうだろうか?

私はそのようなことを議論したくない。

日本は原子爆弾を経験した。 核兵器がどれほど怖いのか分からない政治家がいれば、何よりも愚かなことはないと思います。

(この記事は花푸サ朝子のインタビューに基づいて書かれています。)

* * *

東京出身の黒柳哲子は現在の東京音楽大学で声楽を専攻し、テレビ放送が始まった1953年NHK(日本放送公社)劇団に入社した。

女優は1976年からテレビ番組「鉄子の部屋」の進行を始めました。

1981年には幼い頃を盛り込んだ本「トトちゃんの窓際の少女」が出版された。

この本は20以上の言語に翻訳されており、9月末現在、世界中で合計2,510万冊が販売されています。

本の続編が10月に出版され、同じタイトルのアニメ映画が12月8日に公開される予定です。

READ  テレビレビュー:「バチカンの侍」、11月17日、PBS
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours