戦争ゲームで「ひどい」敗北。 中国が負ける姿

1 min read

卓上研究:
研究者たちは、中国がシミュレーションで台湾を占領することに失敗し、PLAは156隻の戦艦を失い、40,000人の兵士が死亡または負傷したと述べた。

  • Lin Tsuei-yi、Jonathan Chin記者/東京客員記者、客原作家と共に

中国の台湾侵攻を模した日本のシンクタンクの戦争ゲームで北京は敗北し、両方とも巨大な兵力と装備損失を被ったと日経アジア雑誌が昨日報じた。

佐々川平和財団が実施した卓上シミュレーションは、中国人民解放軍(PLA)が2026年に台湾、日本、米国連合軍を相手に台湾への上陸攻撃を開始することを想像したと明らかにした。

今回の訓練は1月21日まで4日間行われ、日本退役将校と米国・日本学者・研究員など30人余りが参加した。

写真:CNA

中国攻勢は航空母艦2隻、戦闘機168台、輸送機48台、4万人以上の軍人を含め、PLA156戦艦を犠牲にした2週間の闘争の末、台湾を占領できなかったと明らかにした。

この勝利は26,000人以上の兵士、数十隻の戦艦、数百機の航空機を失った防御軍に大きな対価を払ったと報告した。

この訓練には、中国のすべての航空機、潜水艦および水上戦闘能力を配置できる台湾戦線のためのPLA指揮センターがあったと述べた。

これに対して米国は核推進空母2隻と先端ステルス戦闘機を全域に派遣し、日本は緊急事態を発動した後、沖縄九州の日本自衛隊基地と民間空港で米国の作戦を許可した。 報告書は言った。

日本は、米国が使用する軍事基地を攻撃しようとする中国の計画を検知した後、紛争を実践的な脅威として指定し、日本のF-35と軍艦がPLAへのミサイル攻撃を開始するために米国に加わるよう促したと述べた。

米軍と日本軍は中国軍を圧倒し、PLAの普及船を遮断した後、決定的な打撃を加えて台湾領空を掌握した。

この訓練は台湾軍の合計13,000人が死亡、負傷または捕虜になった死傷者で終わり、18隻の軍艦と200機の戦闘機が失われました。

米軍死傷者は軍人10,700人、船舶19隻、戦闘機400余台、日本自衛隊は船舶15隻、戦闘機144台、軍人2,500人を失った。 日本で中国軍の空襲で数百から1,000人の民間人が死んだり怪我したことが分かった。

昨年、米国に基づく戦略と国際研究センター(CSIS)は台湾海峡紛争に対して一連の卓上訓練を行ったが、中国が24のシミュレーションの大部分で敗れたが、報告書は台湾、アメリカ、日本の力があると言った。

佐々川とCSISゲームは、現在の能力と2026年に予想される武器庫を前提としたため、PLAが能力を大幅に向上すれば結果は変わると述べた。

報告書は中国が軍事力を急速に増強しており、一部の専門家らは北京が2年以内に西太平洋のバランスを有利に変える態勢を整えていると信じており、中国も迅速に核兵器を拡張していると付け加えた。

渡辺鶴尾財団選任研究員は「まだできれば相当な損失に備えなければならない」と話したという。

コメントが確認されます。 記事に関連するコメントを維持します。 悪口とわいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、宣伝などのコメントは削除され、ユーザーはブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  アジアド女子サッカー大会南側、北側と対戦することも
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours