スポーツ

戦力外通告を受けた楽天・佐藤義則は現役希望」球団に感謝ししかない」| Full-Count

楽天は5日、佐藤義則投手渡辺ユキ投手熊原健人投手山下斐紹捕手ルシアーノフェルナンド外野手でシーズンの契約を結ばないことを通知したと発表した。 渡辺は育成選手として再契約を打診。 また、育成選手木村敏靖投手南陽介内野手松本京志郎内野手中村一樹外野手耀飛外野手5選手育成再契約をしていない旨を通知した。

楽天・佐藤義則[사진 제공 : 도호쿠 라쿠텐 골든 이글스]

ファンにも感謝のメッセージ」元気な姿を見せて床」

楽天は5日、佐藤義則投手渡辺ユキ投手熊原健人投手山下斐紹捕手ルシアーノフェルナンド外野手でシーズンの契約を結ばないことを通知したと発表した。 渡辺は育成選手として再契約を打診。 また、育成選手木村敏靖投手南陽介内野手松本京志郎内野手中村一樹外野手耀飛外野手5選手育成再契約をしていない旨を通知した。

[PR]NPB11球団の試合を徹底中継楽天前ならば「DAZN」「最初の一ヶ月無料キャンペーン」実施中

2007年ドラフト1位ヤクルトに入団して2019年から楽天に移籍した佐藤義則は球団を通じてコメントを発表した。 今後については「今の段階では、ヒョンヨクルル希望しています。他の球団の話などを待ちながら適性検査参加も考えています」と現役の意向を示し、12月7日適性検査を受検する考えだ。

右肩の故障を抱えながらも獲得した楽天について「思い出というよりは球団に感謝ししかありません。ボロボロの状態で保持いただき、ほぼ完全に投げていない状態できたため、それを考えると、ここまで投げれるようになるまで、リハビリに支持して与えられた講師の方もありがとうございます、とにかく野球ができる環境を作ってくれたのが、私には本当に感謝ししかありません」と感謝の心を示した。

2019年に統治復帰を占め、9月26日西武戦では、481日ぶりに1軍登板。 故郷のマウンドに立って、「昨年1試合だけだだけ楽天生命パーク宮城現地の声援を受けながら投げられたことが何よりもの宝物です。まず、地域の球団があり、現地で活躍している選手はなかなかないと思いますので、そういう意味でも本当に幸せだったと思います」とコメントした。

また、ファンに向けては、「現地に戻って何とかチームに貢献したいという気持ちでやってきたが、なかなか自分のチャンスはつかむことができず、1軍で宮城で1試合だけ投げませんでした。ただ、1試合でも、現地の声援を受けてい皆さんに投げている姿を見せてくれたのは良かったと思います。これで終わりではないので、今後どうなるかはわかりませんが、現役を続け中で元気な姿を見られると思います。2年間応援ありがとうございます」というメッセージを送った。

(Full-Count編集部)

READ  全日本フィギュア:男無料速報= 2020年12月26日

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close