手紙:海外M&Aは日本株式会社の中枢を形成します。

1 min read

無料の手紙の更新を受け取る

国内市場では供給が需要より多いため、日本は、需要と供給のギャップを埋めるために海外市場に商品やサービスを輸出してきました。 これがJapan Inc.が輸出志向の国である理由だと長い間話されてきました。

レオ・ルイス(Leo Lewis)は「日本は国内市場が縮小するにつれて海外取引に復帰しました」(報告書、7月14日)と報告しました。 彼の主張に関して、海外のM&Aには3つの側面があると思う。

まず、日本の市場競争の深化により、海外市場への進出と海外事業の拡大が必要になりました。 この点は、過去円高局面の利益確保と最近の低出産・高齢化問題など、個々の企業の事情が強く反映された部分だ。

第二に、海外市場での提携と買収を通じて技術資産と人材を確保することができる。 彼の主張はまさにこの点に関連している。

第三に、自己資本利益率がますます重要になっています。 資本の有効活用の一環として、M&Aによる成長に焦点を当てました。 自己株式の購入と配当金の増加による自己資本の削減は、ROEを高めることができます。

一方、持続する貿易赤字や最近の地政学的リスクによる資源価格の上昇も無視できない。 貿易赤字と海外M&Aの間に明確な直接的な関係はないが、企業が海外M&Aを事業戦略の重要な部分とみなすことは明らかである。

山口きみのり
東京、日本

READ  中国経済は和風失われた10年に向かっているのか?
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours