経済

手紙:韓国は日本よりも教会対国家問題が大きいかもしれません

生涯韓国居住者として、私は統一教と自民党の親密な関係についての稲垣神奈と杉浦絵里の文に驚いた(「安倍の殺害が教会と国家の間の日本の細い線を暴露する方法」、Big Read、8月3日) 。 私が一度も聞いたことのない韓国教会が特に両国の歴史的敵対感を勘案したとき、日本からそのような多くのフォロワーたちを引き寄せたのはとんでもないことだった。

しかし、いくつかのGoogleクエリは、コンビニエンスストアのソフトドリンクから2018年冬季オリンピックが開催されたスキーリゾートに至るまで、教会とその財閥企業である統一グループが韓国社会に及ぼす広範な影響力を示しています。 陰謀論者は、ムーニーが韓国政府の高位層に浸透して大衆の監視を受けられなくなったと主張します。 トランプが去る9月、教会が後援する会議で基調講演をしたことは言うまでもなく、安倍と教会との明白な絆を考慮すると、これはおそらく驚くべきことではないでしょう。

イナガキとスギウラが述べたように、ムーニーズは現在、日本での政治取引に関する調査の波に直面している。 一方、韓国の主要メディア報道は、家庭よりも日本の政治家と教会の関係にほぼ全面的に焦点を当てました。 フリンジアウトレットは今、ムーニーが物語を統制するために政治的影響力を行使していると推測し、教会系列の統一グループが韓国最大のメディアの一つである世界日報を所有していると指摘しています。

世界が日本に集中し、教会と国家の分離に関するより大きな問題は、ムーニーたちが社会を秘密に掌握している韓国にあるかもしれない。

アン・ゴンヒ
仁川研修区
韓国

READ  ウクライナの危機は別の食糧危機の恐怖を育てる

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close