才能のあるラオイ音楽学生は日本で大

1 min read

Music Generation Laoisの5つの幸運な若いミュージシャンと彼らの音楽教育者Siobhan Buckleyが一生に一度だけのプロのミュージカルツアーを終えます。 今年8月に日本。

2017年ミュージックジェネレーションラオイスが依頼したオリジナル音楽公演のためツアーを進行中だ。

「The Spirit of Laois Suite」は、Creative Ireland Laois、Laois County Councilの資金提供で、Michael Rooneyによって作曲されました。

ヤングハーパーダシャ ブコバリリー・ヴァン・デンバーグ、ニアム・オッシャー、 キエウ ConroyとEmily Breslinは8月14日に日本ツアーを開始し、最後の日は8月23日水曜日でした。

下:日本駐在アイランド大使館で公演。

Michael Rooney(ハーフ)とJune McCormack(フルート)も大阪、名古屋、東京で公演するために日本を巡回するグループの一員です。 これには、プロのコンサートホールで3回の公演、学校交流、東京駐在アイランド大使館レセプションが含まれます。

Harpist Kiêu ConroyはMountmellick Community Schoolの2年生Portlaoise出身です。 彼女はElectric Ireland Feis CeoilとCarlowのInternational Pan Celtic Festivalで受賞しました。

Mountmellick出身のEmily Breslinは、現在Alexandra College Dublinの2年生です。 また、エレミック・アイランド・フェイス・セオイルで受賞したエミリーは、フランスのブリタニーとアメリカのテネシー州で開催されたブライズ・パン・セルティック・フェスティバルで行われました。

PortlaoiseのDasha BuckovaはHeywood Community Schoolの3年生、AbbeyleixのNiamh O’SheaはHeywoodの2年生、Lily Van Den BerghはPortlaoiseのDunamase Collegeの4年生です。

若いミュージシャンは日本で心血を傾けるだけでなく、ラオイス郡の素晴らしい広報大使として活動しています。

このアンサンブルはすでに2022年7月にカーディフで開かれた世界のハーフコングレスで公演するために海外に出ており、ラオイス地域の他の多くのコミュニティイベントやアイルランド全土のコンサートで大衆の前で演奏しました。

下:日本大阪での公演。

5人の若いハーパーたちは2012年からMusic Generation Laoisハーフプログラムを通じて登場しました。

彼らのほとんどは地元の国立学校でハーフの勉強を始め、そこからLaois Music Centreで授業を受けました。

すべてのMusic Generation Laoisプログラムは、Laoisの子供たちに音楽への均等なアクセスを提供するための補助金を受け取り、音楽のレッスンや楽器のレンタルは非常に経済的です。

髪がすっぽり育つ東京スカイツリー訪問。

ローザ FlanneryはMusic Generation Laoisの音楽開発責任者です。

「私たちの若いハーパーたちは現在、日本でプロの音楽ツアーをしています。 Lily、Siobhan、Emily、Dasha、KiêuはSiobhan Buckleyの先生のプロの指導の下で素晴らしい経験をしました。 ツアーは、この若いミュージシャンの演奏スキルを向上させるだけでなく、ユニークな文化体験に没頭します。 日本の国民と私たちの文化を共有するLaois郡にとって、非常に誇りに思う瞬間です」と彼女は言いました。

下:Siobhán Buckley先生。 写真:アルプホビー

グループは持っていた 募金 ほとんどの旅行費用をカバーするために、日本でほとんどのコンサートが完売しました。

Music Generation Laoisは、U2、Ireland Funds、および教育省が共同資金を提供するアイルランド国立音楽教育プログラムであるMusic Generationの一部です。

Locally Music Generation LaoisはLaoisとOffaly ETBの一部であり、Laois County Councilのサポートを受けています。

広告 – 以下の内容をお読みください。

READ  「タッチ」レビュー:日本のキッチンでの秘密の誘惑
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours