経済

打撃を受けた日本の航空会社にハワイのフライト需要は希望の光を提供する By Reuters

4/4
©ロイター。 2022年4月29日、日本の東京で旅行者が日本の「ゴールデンウィーク」連休期間中、東京羽田国際空港からハワイへのフライトに搭乗するために並んでいる。 REUTERS/マキシラキ

2/4

白木真希

TOKYO (Reuters) – 日本の航空会社は、COVID-19の停滞後、今夏の旅行回復に賭けています。 多くの日本人がワクチン接種を完了した居住者がこれ以上検疫制限に直面しなくなり、数年ぶりに海外旅行を模索しているからです。

日本航空航空会社(JAL)とANA Holdings Incは、人気のある休暇シーズン中にハワイへのフライトの需要を奨励した後、出国の増加が日本の継続的な外国人観光客への入国禁止措置によるギャップを埋めるのに役立つことを願っていますしています。

日本は、3月1日に米国および他の多くの国で3回接種を受けた居住者に対するすべての検疫および隔離要件を免除しました。 また、4月1日から米国内の感染者旅行警報を下げた。

妻と二人の子供と一緒に旅行中だった杉山正宏は「帰国時に検疫をしなくてもいいという点がハワイを選んだ大きな理由」と話した。

多くの日本人が長い間好む目的地であるハワイへのフライトの需要の増加は、全体の旅行セクターの前兆と考えられています。 さらに、航空会社は、燃料費の上昇、円安、高価なテスト要件のために旅行者のコストが増加するにもかかわらず、抑圧された需要を活用することを熱望しています。

母、姉と一緒に一週間のハワイ旅行を去る予定の大学生の佐藤香織は「できれば行かなければいつまた機会が来るのか分からない」と話した。 続いて「まだコロナが心配されるがワクチン接種を3回当たったので大丈夫だと思う」と話した。

予約ジャンプ

政府統計によると、昨年海外に行った日本人は51万人で、2019年2千万人より減った。

しかし、日本で「ゴールデンウィーク」として知られる最近の休暇休暇が始まる前に、国際線予約が急増しました。 ANAでは5倍、JALでは4倍以上急増したと航空会社は休暇開始前に語った。

ANAは、ロサンゼルス、ニューヨーク、その他の日本の観光客に人気のある目的地へのより多くのフライトの再就航を目指していると述べました。

岸田文夫(キシダフミオ)日本首相が木曜日の国境措置を来月に検討すると言った後、インバウンド観光客に対する禁止がすぐに解除されるという希望もある。

JALは6月からハワイへの毎日運航を再開する計画であり、ANAは7月から一部ハワイ路線に最大規模の航空機である520人乗りのエアバスA380を使用することにした。

一方、お客様は油類割増料でチケットあたり62,000円($475)を支払わなければなりません。

ハワイに行くAngie Matsuoは、彼女と彼女の両親も去る前に必要なPCR検査のために100,000円以上を支払わなければなりませんでした。これはそれぞれ250ドル以上に相当します。 家に帰る前に別の検査が必要です。

松尾は「テストは多くのお金と時間、努力が必要だから面倒だ」と話した。 「円安と各種物価の引き上げも困る。ところがいつまた行けるか分からないから今でなければならない」

($1 = 130.6200円)

READ  ホンダがロシアへの輸出を中止すると、より多くの日本の自動車会社が従うことができます

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close