技術株、日本日経下落牽引

Estimated read time 1 min read
読売新聞資料写真
東京証券取引所

東京(ロイター) – 日本の日経平均株価は、前回のセッションで急騰した後、木曜日の下落で取引され、技術者が損失を主導しました。

日経指数は正午章の締め切りまで1.67%下落した37,818.11を記録し、3回連続ラリーを続けることが予想されます。

水曜日の指数は2.4%上昇し、1ヶ月で最大の毎日の上昇率を記録し、38,000レベルを回復しました。

より広いTopixは1.25%低下した2,676.73を記録しました。

大和証券の林健太郎選任戦略家は「最近の市場は投資家の前提を変化させる多くの不確実性により変動性がひどかった」と話した。

「米国のインフレが予想よりも持続し、米国の金利が上昇し、中東地域の地理的緊張のために原油価格が上昇しました。」

日経ボラティリティ指数は4月19日27.82を記録し、10月3日以降最高値を記録し、20.77で最後を記録しました。

チップ関連株価は東京エレクトロンとアドバンテストがそれぞれ3.22%、2.04%下落するなど日経指数を下落させました。 信越化学は2.22%下落した。

技術投資家ソフトバンクグループは1.12%下落した。

トヨタ自動車は、円が34年の最低値を記録したにもかかわらず、2.87%下落しました。

一晩の円安は、1990年6月以来、ドルに対して最も弱い水準である155を下回りました。 これは、通貨介入の可能性を高める当局の境界線とみなされるレベルです。

市場では上田一雄日本銀行(BOJ)ガバナーが2日間開かれた政策会議で、短期金利引き上げの見通しについて売派的な発言をするかどうかに関心が集まっている。

ファナックはロボットメーカーの年間利益見通しが市場期待を下回ると2.51%下落した。

キヤノンは、カメラメーカーの年間営業利益がアナリストの予想を下回ると7.09%下落しました。

これらの傾向に反して、ルネサスエレクトロニクスは、チップメーカーが自動車に使用されるチップについて肯定的な見通しを発表した後、2.36%上昇しました。

225の日経構成種目のうち32種目が上昇し、193種目が下落した。

READ  iPhone 15:アップルは雷充電器を捨てなければならなかった
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours