技術研究所、日本初の自律走行専攻開設

1 min read

埼玉工業大学(SIT)は自律走行車に精通したエンジニア養成を目標に来年4月に日本初に自律走行専攻を導入する予定だ。

SIT情報システム学科自律走行講座新入生40名を募集します。

この計画は大学の工学部の構造調整の一環として、IT応用機械、人工知能ロボット工学、生命科学、環境及びクリーンエネルギーなど4つの専攻を追加することになります。

大学は、声明を通じて、これらの人材の需要を満たすために、デジタル変革の分野に精通した学生の数を増やすことを目指していると述べた。

ITアプリケーションは、ITと機械の融合、インターネット接続デバイス、仮想環境で物理的なもののデジタルコピーを作成して学習するデジタルツイン技術を学び、次世代の産業技術者を養成することに重点を置いています。 AIロボット工学専攻はAIとロボット工学の融合を扱い、基礎から高度な応用まで総合的な教育を提供する。

生命科学の専攻は広範な生命科学と生化学を包括し、環境とクリーンエネルギープロセスは環境科学に重点を置いてエネルギーと持続可能性の問題を扱います。

1976年埼玉県深谷で設立されたSITには、現在2,182人の学部生と91人の大学院生が在学中です。

READ  ロシアへの技術フローを維持するサプライチェーン
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours