トップニュース

投資家がアジア太平洋地域のハイテク株を見ながら、日本の株式下落

SINGAPORE – 木曜日に日本の株式はウォールストリートでバムセイ部門が売りされた後、アジア – 太平洋テック株式会社を見守る投資家によって開場する予定である。

ギフトは、日本の株式の低い時価を指さしました。 シカゴの日経先物契約は、28,370であり、大阪の契約は28,300です。 これは日経225の最後の終値である28,405.52と比較されます。

オーストラリアの株式は、S&P / ASX 200が平らな線の上に渦ながらほぼ変わらなかった。

技術在庫時計

中国のスマートフォンメーカーの株式 シャオ押す水曜日会社が第4四半期の純利益が36.7%増加したと発表した後見守る予定だ。 12月31日までの3ヶ月間の調整された純利益は約32億元(約4億9000万ドル)であった。 アナリストの予想である29億元を上回ったものです。 ロイターによると、

投資家はまた、この部門が一晩米国で売却された後、地域の他のハイテク株を監視するものであり、技術が多くNasdaq Compositeは2.01%下落し12,961.89を記録することです。

S&P 500にも0.55%下落して3,889.14で引けたし、ダウ・ジョーンズ工業株平均は3.09ポイント下落して取引日32,420.06で取引を終えました。

通貨

READ  名城大完全逃すも3年連続3冠/富士山女性逆転詳細 - 陸上ライブ速報:日刊スポーツ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close