投資家が利益を確保するにつれて、日本日経は早期利益を放棄した。

Estimated read time 1 min read

東京、11月27日(ロイター) – 週末米国連休期間の短縮以降、投資家が方向性のない取引で利益を固定するために株式を売り、日本日経平均株価は月曜日午前初めの上昇傾向を放棄して下落傾向で取引された。

日経指数は0.6%上昇した後、正午の長期終了まで0.43%下落した33,479.71を記録しました。

トピックス指数は0.39%下落した2,381.63を記録しました。

岩井コスモ証券投資リサーチ部門の有沢昭一総括マネージャーは「市場は上昇傾向を示したが、投資家が利益を握ろうとしたため方向が変わった」と述べた。

「米国連休以来、取引が薄くなり、市場の動きの手がかりがほとんどなく、市場は明確な方向を示さなかった。しかし、今回のセッションの弱い米国の贈り物が投資心理を破った」。

米国の株式は、金曜日の休日の短縮取引で、投資家が消費者回復の兆しを見出すために季節的なショッピングシーズンの始まりを見て、低い取引量と確信で大きな変化なしに締め切りました。

技術投資家ソフトバンクグループ(SoftBank Group)は1.94%下落し、日経指数を最も多く引き下げました。 陶器メーカーの京セラ(Kyocera)は1.79%下落した。

三菱重工業は5.09%下落し、日経指数基準で最悪の業績を記録しました。

大正製薬(Taisho Pharmaceutical)は、製薬会社が1株当たり8,620円で経営陣の枚数を発表し、会社が非公開に転換されたため、過剰な買い注文により取引されませんでした。

株式は正午休憩時間まで1日上限6,546円で取引されています。

TVメーカーのシャープ(Sharp)は2.85%上昇し、日経指数で上位圏に上がりました。

荷主は1.36%上昇し、東京証券取引所の33の産業下位指数の中で最高の成果を収めました。 (記者:Fujita Junko、編集:Mrigank Dhaniwala)

READ  ロンドンアスレティクスのための世界チャンピオンジャクソンとハロウェイが今月7月に会う
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours