技術

折りたたみiPhoneは2022年に発売? クリスマスサプライズ新登場? 最近まで、アップルの噂まとめ – Engadget日本版

リンゴ

今週からAppleのシリコンベースのMacの実機が一般ユーザーの元に到着し始めて、本当に高性能であった示すベンチマーク結果も続々と公開。 しかし、「13インチ以上の大画面をしたい」「より大きな容量のRAMを積んでいきたい」と希望の方向は苦しいかもしれません。

折りたたみiPhoneは2022年に発売? クリスマスサプライズ新登場? まで、最新のアップルの噂を伝えています。

2014年12月23日、バージニア州アレクサンドリアにある限り、自宅でクリスマスライトディスプレイが見えます。 AFP PHOTO / SAUL LOEB(写真出処はSAUL LOEB / AFP / Getty Imagesをお読みください)

AFP /ゲッティイメージズ

スペシャルイベントが3カ月連続で進行され、いくつかの未発表製品が姿を現わしていません。 このような情勢アップルが「クリスマスサプライズ」を準備している噂話が浮上しました。

「冬にぴったり」と付け加えたのは、数多くの検証リカ(注目の未発表製品に関連した有力な情報を発信する人)L0vetodreamさんです。 彼はそれ以上のリードをツイートしていませんが、長い間噂された本物のヘッドフォンAirPods Studio(仮称)と失せ物の追跡タグAirTags(仮称)が最も有力な候補として注目されている私立大学です。

電子は2年越しの噂があり、主要メディアBloombergも「回転楕円のイヤーカップと薄い金属腕に接続されたヘッドバンド」は、一見、プレミアムバージョンとフィットネス重視のバージョンの2種類があり、イヤーパッドの交換にカスタマイズなどを伝えました。

そしてAirTagsは、アップル独自に開発した超広帯域(UWB)チップ」U1」を内蔵して10cm以内の高精度で位置検出が期待されていること。 U1チップはiPhone1シリーズに初めて搭載された後、Apple Watch Series 6や小型スピーカーHomePod miniに内蔵。このうちHomePod miniはUWBベースステーション(家の中にあるU1チップ搭載製品の位置を管理)になると予想も、AirTagsとも深い関係があること。

これら2つとも開発者iOS 14.3ベータ版で手がかりが発見され、AirTags内容は、iOS 14.3と同時に11月に発売されるとの見方もあります。 一方AirPods Studioは、「生産に大きな問題がある」との観測もあり、こちらの方が年内に出る本当のサプライズになります。

折りたたみ式

コンセプトのiPhone

これで、WindowsベースのPCまで縮小時代だが、いよいよiPhoneの順番が近づいてきたとの噂話です。

台湾の業界メディアの経済日報事情、iPhone、主要組立サプライヤーFoxconnは折り畳み装置の画面とベアリング(軸受け)のテストをお願いしたという。 一般ノートPCであれば、2万〜3万回の開閉試験を行ったところ、折り畳みiPhoneで10万回以上検証することが知られています。しかし、サムスン初代Galaxy Foldも20万回のテストを強調したための特別な仕事がないかもしれません。

また、折りたたみ式テスト機の画面には、有機ELやマイクロLED(超微細LEDを前面に敷く)を使用しているとの情報もある。アップルがサムスンに「大量」縮小サンプル画面を注文した噂もありましたしかし、それはGalaxy Foldなどの有機EL思われます。

一方は、マイクロLEDといえば、アップルが工場に巨額の投資をした報道しましたしかし、実用化を急いでいる可能性もあるでしょう。

iPhone12

リンゴ

アップルが、いくつかのiPhone 12シリーズの画面に問題があると認識しており、調査中に正規サービスプロバイダに、お客様への対応を通知しているという噂です。

その症状は、一定の条件の画面が点滅し、緑やグレーぼかしたもの。 実際にiPhone 12発売直後から、アップル公式サポートコミュニティなど、複数のユーザーの報告がいくつかの機種ではなく、4モデルとも確認されたカッコウです。

記事執筆時点での症状をまとめると概ね「ディスプレイの明るさが約90%以下に設定する」という条件の下で発生しても同じです。 しかし、Appleは、通常の修理業者にお客様に「最新のiOSバージョンにすること」をアドバイスするように指示しているとも、システムソフトウェアのアップデート治癒の可能性も垣間見ることができます。

iPhone 12 miniのロック画面に感度の問題があった件発売日から約1週間後に修正されています。 ここの問題も迅速な対応を期待できるかもしれません。

A16

Engadget日本の

今年のiPhone 12シリーズに搭載されたSoCのA14 Bionicは5nm工程製造されたアップル初のチップ数強調されています。 製造工程(回路線幅)の数は、一通りは「小さくなるほど進化」とされるが、これは2022年のA16(仮称)チップでは、4nmになるという予測が発表されました。

調査会社TrendForceは目下A14、台湾TSMCの先進5nm技術による唯一のスマートフォン用SoCであると指摘した。 そして世界最先端のプロセス技術は、今後もAシリーズのチップの生産に投入されて、来年A15(仮称)は、改良された「5nm +」(TSMCの表現はN5P)に移行してA16は4nm製造されるロードマップ予想を提示しています。

ちなみに5nmから5nm +にアップグレードされ進化(あくまで一般論)は、TSMC公式予測は、処理能力が5%まで消費電力低減が10%となっていました。また、A16について3nmプロセスの可能性も浮上していしかし、最終的には4nmに定着するかもしれません。

ArmWinMac

Appleシリコン “M1″チップ搭載の新型Macは、パフォーマンスと省電力性能が向上したのに対し、CPUがIntelチップでArm構造に転換することで、既存のWindows 10をBootCampして利用することはできませんしたと見ることができます。

そんな中、アップル社の幹部ArmのバージョンのWindows 10の動作は、「技術的に可能だ」と述べた上で、それを実現するのは、「すべてのマイクロソフトように “と発言したという事件です。

今回の発言で注目すべきは、まずM1チップはArm構造ですが、ArmのバージョンのWindows 10が動作していることは知ることができましたが、アップル公式に「技術的には可能である」と認めた。 実際にインストールして動作を確認したのか、それとも今後どのような追加の作業が必要な場合や詳細については、公開されません。

他の一つは、macOS / ArmのバージョンのWindows 10を切り替えBootCampの可能性を示唆、その実現が唯一の “MSが一般ユーザーにライセンスを提供するかどうか」にかかっているとしたもの。 MSは、6月には、「現在は、OEMにのみ許可しています。」と答えているだけで、将来は曖昧であったが、Appleが決断を余儀なくさかどうかに解析することができます。

ArmのバージョンのWindows 10は、x86(32ビット版)のアプリは、エミュレーション機能により、動くもののほかx64(64ビット)アプリもすぐに再コンパイルせずに動く予告されています。 もしM1版、Macと一般ユーザーがインストール可能になると、使用可能なアプリケーションの幅がさらに広がりそうです。

READ  [야마다 쇼헤이의 Re : config.sys]教科書のピグデジタル化を阻止せよ - PC Watch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close