エンターテインメント

押井守出す」ぶらどらぶ」という劇薬 “爺を混乱させるとどうなるか、実現してくれる” – KAI-YOU.net

爺を混乱させるとどうなるか、実現してくれる

予期せぬ製作陣の裏テーマが判明し、押井守監督35年ぶりのシリーズアニメ作品 “ぶらどらぶ「配信がいよいよ2021年2月14日(日)から開始します。

押井守監督といえば “ゴースト・イン・ザシェル/ゴースト・イン・ザシェル“私”機動警察パトレイバー2 the Movie“のような重厚で真剣な作品のイメージが強いが、今回の「ぶらどらぶ”に挑戦する女子高生を主人公にしたドタバタコメディ。

意外な選択も見えますが、もともとは今回の作品でもチームをなす西村純二監督と一緒にアニメ「うる星やつら」を扱っているなどにぎやかなコメディも定評がある押井守氏。再びしないと考えていたほど離れていたアニメシリーズというフィールドで再びその才覚を発揮する。

(左から)新垣和也さん、西村純二監督押井守総監督、宮古市徹氏

伝達に先立ち、2020年12月28日4話までの先行試写会を実施。

今回はその第1部では、開かれた押井守総監督西村純二監督、キャラクターデザインを担当した新垣和也さん、プロデューサー宮古市徹氏によるトークセッションの様子を含めて報告する。

押井守のドタバタコメディ

どのように楽しむことができるか、私たちも想像できない

試写会の前に流れ、主人公「絆播貢献役の佐倉綾音さんのコメント通り、既存の価値観には把握断言できない奇想天外な作品というのが4話まで見た時点での感想である。

献血マニアと呼ばれる特別な趣味を持つ女子高生 “絆播貢献」はとんでもない吸血鬼”私のヴラド・トランシルバニア」と出会う。

彼女に血を提供するために貢献し、その周りに表示される個性的な面々によるドタバタ騒動が幕を開けるということおおよそのあらすじだ。

ヴァンパイアというファンタジーモチーフを配置しながらも、本編はノンストップで駆け抜けるハイテンションコメディ

製作陣も認めるよう」時代性を無視した「まるで同じ令和の世界でお目にかかることは珍しいグラグラや極端なデフォルメ、タックルで大怪我をする恐れも次のカットは全快など旧ギャグ演出が散りばめられているのも印象的だ。

ガールみつことというトレンドトピック従いながら押井守総監督の独特のユーモアがふんだんに盛り込まれた作品で、そのカロリーの高さに驚かされながらも、肩・肘張らず楽しむとにかく面白いアニメーションである。

上映が終わると押井守総監督西村純二監督、新垣一成さん、宮古市徹氏がセットジャンパーを着て登場。 まず、製作発表会で一年以上という時間を経て公開することにした今の心境を語った。

爺を混乱させるとどうなるかを認識してくれる

アニメシリーズに関連するのは、約35年ぶりと押井総監督は、当時と現在のアニメーション制作の勝手違いに驚きながらも、基本的に楽しく問題なく製作が行われたようで、まず “自分たちが面白いと思ったことを存分にやった」と完成することができ、安心して安堵の表情を見せた。

その押井総監督とタッグを組んだ西村監督も初体験がたくさんあった1年半に及んだ制作を振り返りハードたと思うが、画面に表示されてくれればと意気込みを語った。

今回の作品で初めてキャラクターデザインに挑戦した新垣さんは「むやみに熱心だったので完成うれしい」とプロデューサー都さんも押井守さんと製作を通して勉強になることが多くあった喜びを表す。

トークのテーマは、製作にこだわった点について。

これでもかと言うほど押されたギャグは昔は押井総監督が中学生の頃に流行したものまで、そのすべての意味を考えながら見るのではなく、ただ楽しい気分で見てもらうながらも4話目まで全体の潮州の期間のようなもの、 “5話からは、さらにすごく面白くなる」と自信のほどを覗かせた。

現代のアニメーションはすべて毒に薬物もないという感想を抱いた押井守総監督は「爺を混乱させるとどうなるかを認識してくれる」は、厳しいコンセプトを本作の製作における裏面テーマに設定した。

個性を尊重する現代の “劇薬“のような衝撃を与える作品を目指す強いこだわりのもと制作を開始したと言う。

曰く「厳しいテーマ「この時代に逆行したような様式で潜伏しているとしながらも、そのすべてはその場で明らかにしないまま、とにかく楽しむことができるようにも製作している本作。

女性の追求がすべて入っている

こだわりの強さは、キャラクターデザインにも現れていたようで、随所に押井さんの女性の好みを注入すると暴露新垣さん。 押井監督との相互作用しながらデザインを完成させて行く途中に、ユニークなフェチを理解していったある。

材料が以前からキャラクターは、少なくともトレンディにしようとし意図もあったが、98%は味が出てしまっている場合、押井総監督は笑いながら語った。

最もこだわったのは「犠牲の供物千尋」先生であり、毎回約束のように貢献を叩いてのめす暴力性を含めて、「私の女性のニーズがすべて入っている「と押井総監督が前のめり言う姿を見るにこれだけ冗談ではないようだった。

実写映画ではありえない演出もアニメシリーズであれば可能

作中での特徴的な表現で、まるでゲーム画面のように、当期画面に小さなウィンドウを重ねて、複数の人物の表情を映し出すというものがある。

その方法で作品全体のカット数が大幅に減り、現代のアニメーションでお会いすることができない特別な雰囲気を表現することに成功しているが、その特殊な製作に対応できる凄腕のスタッフを集めるのに苦労しと都氏。

その結果、関連従業員の数が、従来の3分の1と少数精鋭で臨んだ形で前例のない挑戦でありながら、良い作り方が生じたと技量の確かな保証を。

この特別な演出は今回の作品で一つの目であり、ゲーム制作にも参加した程度のハードコアゲーマー・押井守総監督が発案したアイデア既存のアニメや映画では見ることができない表現だが、すぐそこを狙って挑戦」どうやら実現させたかった」と実写とアニメーション映画ではありえないシリーズによるドラマ特有のものでも式試したかったする。

映画ではないので、アニメシリーズは、正しい文法はない「(押井守総監督)

従来の方式を踏襲するのではなく、それぞれの作品にあった演出を模索する。全体を照らすのではなく、キャラクターの交換だけで成立する「ぶらどらぶ “特有の表現は、撮影した写真を加工して製作したという実写背景方法を含む作画工程の短縮などの実益も生み出していた。

撮影は大変だっただろうと押井総監督が視線を送ると、西村監督は苦笑。 まださらに急進的で継続押井守イズムを画面に落とす作業は昔も今も変わらず厳しいことであるようだ。

元のアニメーションコンテを描くことすら5、6年マンは押井総監督だが、作業自体はあっという間に終わって行うことができると思ったほど楽しく進めることができること。

製作費を一人で担当しながらも、「仕事のために一切の干渉をしない」という、今までにない形で最高の環境を提供してくれたというイチゴアニメーションの監査を声を上げている。

ただトライウルているのではない

最後に、作品の見どころとファンのコメントに。

西村監督は、自分の基本理念とすることの先端のサラリーマンが深夜のなんとなくTVをオンにすると流れており、面白いとは思いながらも、次の日を忘れているような日常に根ざした作品作りを今回の作品でも貫いて、そこに押井守自分の抽出液を添加して、さらに面白い」ぶらどらぶ」を楽しんでほしいと言った。

作画はシリーズ後半にも目になる場面があるようで、新垣さん立つような観点からも楽しんでもらいたいし、 “シリーズ後半になるにつれ、真剣になっていくこともなく、何よりも粗く楽しむことができ」とコメント。

宮古氏は、材料のほとんどは、理解していなくても、それを介して押井守総監督が触れてきたことを学ぶことができイトウルワ “ぶらどらぶ”が持つ別の意味でも言及した。

大量に含まれたギャグは原材料を理解できない人が大半だろうと心配しながらも、「ただバカをやっているだけでなく、「と押井総監督。

反転に世界観が一気に真剣になることもありませんが、かといっひたすらハイテンションギャグを入れているだけではない。

「ガールみつガール」というテーマに誠実に取り組んだ結果は、確かに作品に表現して、静かな笑顔で作品の数に絶対的な自信を感じさせるイベントを終えた。

READ  日本で心を溶かしているデジタル猫

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close