世界

拉致生存者 Kathleen Wrethman, 1968年 拉致後救助者と再会

子供の頃3日間誘拐されたオーストラリアの女性が53年ぶりに自分を見つけた男性と再会する驚くべき瞬間

  • 誘拐されてから53年後、Kathleen Wrethmanは彼女の救助者と再会しました。
  • Mark Byrneは、1968年にKathyを発見した3人の10代の少年の1人でした。
  • 少年たちは、学校を振り返っている間、彼女が頭を切り、さまようことを発見しました。
  • KathyとMarkは、ビデオチャットで再会し、運命の日についての話を交わしました。


幼い頃に誘拐され、3日間行方不明になったオーストラリアの女性が、彼女を見つけた男性の一人と再会しました。

Kathleen Wrethmanは、1968年にシドニーの自宅から追い出されたとき、わずか3歳でした。

警察は彼女が名無しの男に拉致されたと見ている。 必死に捜索を始めたが、赤ちゃんの痕跡はなかった。

3人の10代の少年が小川で頭を切り、さまよう若いキャッシュを見つけたとき、状況は絶望的でした。

1968年、3歳のKathleen Wrethmanはシドニーの家から連れて行かれ、3日間行方不明になり、小川を徘徊していた10代の少年3人に発見されました。

Kathyは、拉致犯が自分自身を傷つけた記憶がないと言った。

今、Kathyは成長して家族を作りましたが、彼女は自分を救った3人の少年を決して忘れませんでした。

感情的なインタビューで、KathyはBBC記者Jon Kayに、いつも救助隊員と再会し、彼らに感謝したいと言いました。

「私は彼らの周りに私の腕を包む」と彼女は言った。

もう一つの幸せな反転で、彼女はそうすることができました。

「私はあなたに誰かを紹介したい」とMr Kayは言った。

木曜日に発表された感動的なインタビューで、Kathyは救助隊員の一人であるMark Byrneと再会することができ、彼に感謝した。

木曜日に発表された感動的なインタビューで、Kathyは救助隊員の一人であるMark Byrneと再会することができ、彼に感謝した。

Kathyは、笑顔のMark Byrneが画面に現れ、挨拶をすると息を呑んだ。

「久しぶりだ」 マークは言った。

数回の紹介と涙を流した後、Markは1968年にその日に何が起こったのかをもっと詳しく説明しました。

彼は少年たちが「揺れる学校」に通ったと言った。

「私たちは良い男の子ではありませんでしたが、その日は良い結果が得られました」と語った。

ビデオが終わった後、Markは1968年に彼女を見つけたことに感謝するために両親が買った時計をKathyに見せました。

時計の裏側には「KathyからMarkまでありがとう」というフレーズが刻まれています。

Markは、3人の男の子が小さなKathyを見つ​​けたときに「学校を揺るがしていた」と言い、感謝の気持ちで今日まで働いています。

Markは、3人の男の子が小さなKathyを見つ​​けたときに「学校を揺るがしていた」と言い、感謝の気持ちで今日まで働いています。

Markは誇りにしてKathyに、時計が今日まで動作していると言いました。

再会はKayが他のNSWの女の子の行方不明の調査の一環としてKathyに彼女の誘拐について話した後に行われた。

Cheryl Grimmerは、1970年にシドニーのFairy Meadowビーチドレッシングルームに連れて行ったので、それ以降見たことがありません。

KathyとCherylの物語の著しい類似性にもかかわらず、2つの出来事は関係がないと信じられています。

二人の女の子はイギリスからオーストラリアに移住し、年齢も似ていて、移民ホステルからわずか時間で住んでいました。

2017年、一人の男が小シェリルを拉致して殺害した疑いで起訴されたが、事件は棄却された。

KathyとCherylの出来事はどちらも未解決のままです。

2つの事件に関する関連情報がある人は、Crime Stoppersに連絡するように促します。

広告

READ  臨床試験では94.1%の効果を示したModernaの新しいコロナウイルスワクチンが当局に緊急使用許可申請 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close