持続不可能な傾向を取り巻く日本の経済バランス対策

Estimated read time 1 min read

著者:武田正彦(ANU)

2023年の日本経済は2つの明確な特徴を持っている。 GDP、雇用などマクロ経済指標は概ね良好な姿を見せた。 しかし、持続不可能な経済動向は悪化し続け、日本の今後の経済安定への懸念を引き起こした。

2023年、日本の実質GDP成長率は1%を若干上回る水準でした。 微弱だが1%未満と推定される潜在成長率を考慮すると悪くない数値です。 実際の生産量と潜在的な生産量の差である生産量のギャップが減っています。 失業率コロナ19危機の中で上昇傾向を見せたという下落傾向を見せており、 全国雇用対支援率 1がはるかに超えています。

消費者物価インフレは 現在約3%これは日本銀行(BoJ)の目標である2%を超えた数値です。 企業利益は活発で、株価はバブル以来最高値を記録し、インバウンド観光がコロナ19以前のレベルに回復し、ファンデミックで大きな打撃を受けた産業に役立ちました。

これらの肯定的な点にもかかわらず、ほとんどの日本国民は不幸です。 名目賃金は上がっているが、物価上昇率より上がる速度が遅いという点が不満の源だ。 これは 侵食された実質賃金萎縮した消費 そして、緩やかな経済成長が続くことについて疑問を提起する。

賃金と物価のギャップはマクロ経済政策の決定に影響を与えました。 BoJはリターンカーブコントロールを少し緩和するためにいくつかの措置を講じてきましたが、非常に緩い金融政策を正規化することは控えました。 今回の決定は、いわゆる賃金-物価上昇の好循環構造がないという点に基づく。 政府は2023年11月に「財政パッケージ」を導入した。デフレを完全に克服する'。 「デフレ」への奇妙な言及は、インフレを満たしたり交換したりするために賃金が引き上げられない限り、経済はデフレでは自由ではないと思われるという概念を反映しています。

経済の持続不可能な傾向を考慮すると、これらの政策が適切かどうか疑問です。 日本円の為替レートは2021年以降大きく弱気を見せ、すでに「安い日本」をさらに安くした。 米ドル価値GDPを下げる。 バランス為替レートを特定するのは難しいですが、 現在の為替レートはとても奇妙です。 そして大規模な修正が必要です。 円安が原因 大きな金利差 日本と他の先進国間の。 為替レートの不一致を減らすことはBoJの分け前です。

消費者物価上昇率がすでに目標値を超えているため、BoJが政策正規化を開始するのに十分な理由がある。 賃金は依然として遅れていますが、金融政策は労働生産性、労働市場の状況など、実際の要因によって決まる「実質」賃金を引き上げるためのツールではありません。 BoJがどういうわけか実質賃金を高めることができるように遅い賃金の引き上げのため、超緩和通貨政策を続けることは間違った方向です。

政府の2023年11月の政策パッケージには、生産性の向上に貢献できる措置が含まれています。 国内投資とデジタル化を促進するためのパッケージの3番目と4番目の柱は、持続可能な実質賃金の増加と一致しています。 このような柱は、岸田文夫日本首相が2022年6月に出した新しい形態の資本主義イニシアチブとも一致します。

しかし、このパッケージは、インフレの影響から迅速な救済を提供することによって大衆を落ち着かせるKishidaの必要性に重点を置いています。 最初の柱には、一時的な燃料補助金の継続と全体的な所得税の減少が含まれていました。 2番目の柱には、賃金を引き上げるためのさまざまな補助金が含まれています。 これらの措置は、経済の供給側面のパフォーマンスをほとんど改善しませんでした。

疑いもなくKishidaはがっかりしたが、税の減免は一時的で目標がないとみなされ、あらゆる方面で非難された。 さらに重要なことは、パッケージの大部分が反対方向に実行されたことです。 日本経済のもう一つの持続不可能な側面 – 高くて増加する公共債務と赤字。

日本のGDPに対する公共債務の比率は、危機に瀕していない数十年にわたって高い水準を維持してきました。 BoJは膨大な量の国債と紙幣を吸収し、個人投資家がこれを売ることができる余地をほとんど残さなかった。 金利はやや上がったが、名目GDP成長率よりも依然として低く、負債力学が良好である。 この状況で財政危機を心配する必要はないかもしれません。

財政危機の可能性は、インフレが適切なレベルに維持されるかどうかに依存します。 管理可能なインフレにより、BoJはポリシーの正規化範囲を制限できます。 BoJの支援がなくなると、政府の資金調達コストが大幅に増加し、悪辣な債務動態が形成される可能性があります。 BoJと政府の両方が望む将来の賃金の上昇は、偽装された祝福になる可能性があります。 インフレを加速すると、BoJは不安定な公的財政を圧迫しながら強力な措置を講じる必要はありません。

BoJは、長い間物価の引き上げと一致するか、それを上回る賃金の引き上げを「好循環」と規定してきました。 経済の供給の面で改善がなされれば、実際には美徳になるでしょう。 しかし、日本の国民がBoJの無反応や政府の下位措置から何か良い結果を得ることができると期待するならば、彼らは失望する可能性が高いです。

武彦武田(Masahiko Takeda)は、オーストラリア国立大学クロフォード公共政策大学院オーストラリア-日本研究センター先任研究員である。

READ  「Fab 4」サプライチェーン早期警報システムの議論
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours