持続可能な成長ロードマップ•炭素排出権

Estimated read time 1 min read

日本は、2050年までに世界的に大気CO2を「Beyond Zero」に減らすための革新的な戦略を開発する計画です。。 国の持続可能な成長ロードマップには、経済成長と環境保護の達成を目指す効果的な自然にやさしい戦略が含まれています。

2022年12月、第15回生物多様性条約締約国総会(COP15)では、代表者は2030年のグローバル目標を説明する昆明モントリオールグローバル生物多様性フレームワークを採用しました。

日本政府傘下の内閣は、新しい国際的な約束を果たすために、2023年3月に国家生物多様性戦略2023〜2030を承認しました。 自然肯定経済に向けた転換戦略は以後、次の省庁の共同決定を通じて輪郭が取られました。

  • 環境省
  • 農林水産省
  • 経済産業省
  • 国土交通省

日本の自然肯定戦略を発揮

日本は、脱炭素の未来に円滑に転換するため、自然保護を最優先にして経済政策を強化することを目指しています。 ここでは、日本環境省が提示した戦略案の主な内容をまとめて説明しました。

1. ネイチャーポジティブマネジメント

この戦略は、企業が自然に優しい経営に移行する必要性を強調しています。 この計画は、自然保存方法を価値創造プロセスに統合することに焦点を当てています。 これは結局、自然資本から新たな経済成長を促進できる道を開くものと期待されます。

保存と復元の努力:生物多様性および生態系サービスの増進のために森林、湿地、海洋環境など生態系保全および復元対策を推進する。

持続可能なリソース管理:自然への悪影響を最小限に抑えるために、資源抽出、農業、漁業、その他の分野で持続可能な慣行を奨励する。

日本政府傘下の環境省のプレスリリースでは、所望の結果を達成するために自然資本がどれほど重要であるかを説明しました。

画像は、日本の森林復元作業を示しています。

レポートでは、個々の企業が考慮すべき事項を説明します。 自然資本 事業活動が自然肯定経営に転換する上で、リスクと機会の面で重要性を置きました。 その後、投資家は市場を分析し、天然資本を扱う企業の成果を評価します。 この成果に基づき、付加価値の創出プロセスが決定されます。

簡単に言えば、コンバージョンは、消費者と市場が企業の努力を評価する社会に拡張されます。 NPマネジメントでは、キャッシュ・フロー改革には、政府、市民、統合自然価値評価間の共同作業が含まれます。

2. 事業機会を最大化

この計画は、TNFD(自然関連の金融公開タスクフォース)やその他の情報を公開し、公開意図を持ってリスクに対応することによって企業価値を高めることです。 このアプローチは、市場と社会が評価する企業の弾力性と持続可能性を向上させることを目的としています。 その結果、民間資本を誘致し、企業価値を高めることができるだろう。

環境省(MoE)は、さまざまな事業機会と市場規模を拡大してきました。 彼らは、脱炭素化、資源のリサイクル、天然資本の活用など、持続可能なアプローチを通じて機会を創造する計画です。

一例は、環境に優しいフォーム技術を採用することです。 これは、複雑で効率的な授乳技術を実装するのに役立ちます。 この事業の市場規模は年間約864億円と推定されます。

3. 政府の支援

省庁は、自然資本の保存を事業運営に統合する企業の重要性を強調した。 日本政府は以下の計画を概説している。

  • 企業の社会的責任(CSR)イニシアチブを超えています。 これには、社会的、経済的持続可能性のために自然資本を保存することが含まれます。
  • 生物多様性振興活動促進法を通じて事業の価値評価を促進します。 代替素材、生体模倣など関連技術の高度化
  • 自然に優しい経済への移行を促進するための政府計画を実施します。 生物多様性の保全と炭素排出権の取り組みに焦点を当てる
  • 企業が炭素排出量を最小限に抑え、自然への取り組みを最大化する動機づけ

4. グリーンインフラの開発

日本の自然肯定的な戦略は、都市公園、緑の屋根、透水性の舗装道路などの自然の生息地を改善する緑のインフラプロジェクトに投資することにも焦点を当てています。

OCEMの識別と開発 – グリーンインフラストラクチャの開発戦略に応じて、いくつかの特定の理由は他の効果的な地域ベースの保存措置(OECM)の現場として認定されています。 日本には佐藤千里、ビオトップ、保存林、都市や工場の緑地など様々な場所があります。 OCEMは、企業やその他の企業の努力を奨励することで、保護地域を超えて拡大しています。

環境に優しいインフラを開発することで、気候変動に対する回復力を確保し、社会に多くの恩恵を与えることができます。 最も重要なことは、強力な炭素排出権を生成するのに役立ちます。

日本のグリーンファイナンスの推進:持続可能性投資の強化

環境部では、TCFD(気候変動による財務情報公開タスクフォース)、ISSB(国際持続可能性標準委員会)など、国際標準に基づく公開を促進するために、グリーン金融指針を設け、地域脱炭素化のための地域金融投資を促進やってきた。

グラフ:環境省が発表したデータは、日本の持続可能な成長のための国内資金を示しています。

日本は推定 今後10年間で150兆円の脱炭素化投資 国内グリーン金融を強化します。 この決定は、日本の脱炭素化目標のための国内外の資金をさらに縮小します。

グリーン債券発行の急激な増加は、持続可能な社会の資金調達を強化します。 長年にわたって資金の使用が多様化してきたにもかかわらず、再生可能エネルギーとエネルギー保存は依然としてほとんどの割り当てを支配しています。

しかし最近では、気候変動の緩和を超えて生物多様性の保全、資源リサイクルなど分野への資金調達が始まったばかりです。

自然に優しい経済を通じたJ-Creditの拡大

メディア報道によると、日本は次のような計画を立てている。

「炭素や生物多様性排出権などの分野をカバーする「自然に優しい」経済への転換は、日本に47兆円(309.7ドル)を創出することができます。 2030年までに、毎年10億ドルの新しいビジネスチャンスが生まれます。

純ゼロを約束し、炭素排出権取引に参加する他の国々と同様に、日本も積極的に参加しています。 政府はJ-creditとして知られているカーボンクレジット証明書を発行します。 炭素相殺のため日本で購入できます。 Jクレジットを増やすことは、自然に肯定的な経済を育成する1つの方法です。

  • この戦略は、林業J-クレジットの使用と創出を促進することを目的としています。 これには、主に農業部門と日本の生物多様性の保全の役割が含まれます。
  • J-Creditsは国内温室効果ガスの削減または除去を提供し、自発的な排出権取引制GX-Leagueなど様々な目的に活用可能です。
  • 彼らは、海洋生態系内の炭素を隔離するブルーカーボンプロジェクトのためのJ-Blue Creditシステムを推進しています。

2024年J-Credits需要増加

offsel.netで報告:

J-Credit Systemの2024年のデータによると、登録されたJ-Creditプロジェクトの数は1,081件で、過去最高を記録しました。 また、認証を受けたCO2排出削減量は936万t-CO2です。

ソース:OFFSEL.net

日本はまた、自国の領土外の資源を扱うグローバル産業の需要を満たすために、国際生物多様性信用システムに参加する予定です。

また、イギリスおよびフランスと生物多様性クレジット国際諮問団と積極的に協力して、国の生物多様性クレジットおよび相殺方針の今後の目標について議論しました。

洗練された情報とレポートによると、日本には自然に優しい経済創造のための明るい未来があるようです。

READ  フォルクスワーゲン、日本の価格最大1000ドル引き上げ
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours