スポーツ

指名漏れ田澤純一は会見せずBC埼玉武蔵監督「残念の一言。彼の大きな転換点」| Full-Count

ルートのBCリーグ埼玉武蔵ヒットベアーズの田澤純一投手が26日、2020年度の「プロ野球ドラフト会議supported byリポビタンD」の12球団から指名されなかった。 「田澤ルール」の撤廃により、NPBのドアは開かれたが、各球団が回避した形となった。

BC埼玉武蔵・田澤純一[사진 : 호소 能功]

実績十分来年35歳迎え右腕…オールシーズン、日本復帰支配育成を通じて指名なし

ルートのBCリーグ埼玉武蔵ヒットベアーズの田澤純一投手が26日、2020年度の「プロ野球ドラフト会議supported byリポビタンD」の12球団から指名されなかった。 「田澤ルール」の撤廃により、NPBのドアは開かれたが、各球団が回避した形となった。

[PR]セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも世界を変えるエネルギーを。 「JERAセ・リーグ」特設サイト

ドラフト会議後田澤会見をせずに埼玉武蔵の角晃多監督が代わって対応。 「いいことも悪いことも明らか出てくると思ったので、私たちに良い方向ではなかった。残念の一言。彼の今後の野球人生に大きな転機になると考えている」と述べた。

ジョンテクヌン新日本石油ENEOS(現ENEOS)に所属していた2008年NPBのドラフト指名を拒否してメジャー挑戦を表明した。 レッドソックスと6年契約を結んだ。 それを受け入れる日本の野球界は、アマチュア選手がNPB球団を経ずに、海外のプロ球団と契約した場合、一定期間(高校生は2年間の大学生・社会人は3年間)は、NPB球団と契約することができないという、いわゆる「田澤ルール」ができた。

2013年にはセットアッパーとしてレッドソックスの世界に貢献した田澤。 17年からはマーリンズなどを渉猟鯛12年目を迎えた今シーズンは、レッズ傘下マイナー選手として契約したが、3月に契約を解除します。 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて帰国して、7月にBC埼玉武蔵と契約し、日本復帰を果たした。

2ヶ月後の9月にNPBと12球団による実行委員会で「田澤ルール」の撤廃が正式に決定した。今年のドラフトで指名することができ、各球団の動向に注目が​​集まる中田澤は「指名されると、多くの人と相談しながら決定したいと思います」と語った。実績は十分ながらシーズン35歳を迎え田澤指名リストに入れていた球団もあったが、躊躇した。その後の育成ドラフトも行われたが、最後まで名前を呼ぶことはなく、無念の結果となった。

(Full-Count編集部)

READ  ヤクルト連敗5で固定DeNA反撃及ばず/詳細 - プロ野球ライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close