エンターテインメント

振り返るその手と自作PCのこだわり藤井聡太王位インタビュー:東京新聞TOKYO Web

負債を手に笑顔を見せる藤井聡太王位

長期の第61期王位戦(東京新聞主催、伊藤協賛)7番勝負で木村一基の前に王位(47)を破り、8月20日に史上最年少で2冠になったフジ聡太新王位(18)=既成=このような29日、本紙のインタビューに応じた。 その戦いのその手注目された「勝負飯」、PC自作の趣味、そしてこれから…激戦を振り返ってみると、高校3年のスター記事の今を掘り下げた。

 – 最初の王位リーグ挑戦決定戦をどのように戦ったか

リーグ負けても次のがあるので、通常よりもさらに考えられるかと思います。 誰も大変期だったが、特に稲葉陽八段の臓器は途中でこちらが非常に困難な状況が続いていた。 (逆転)一つのターニングポイントになったのだろうと思います。 挑戦者決定戦を戦った長瀬拓矢2管には、普段VS(一対一研究会)で学んでいますが、公式戦で半分を挟んでみると、いつもより活気を感じました。

 – 挑戦決定で木村一基の前に王位の7番勝負の開幕まで1週間しかなかったが、どのように準備したか

前後も決まっていないので、そこまで深く作戦を立てたのはないが、制限時間8時間の大国は初めてなので、時間の使用の画像はある程度ました。

 – 愛知県豊橋市で第1局(7月1日、2日)は、振動言葉選手です」角換わり」臓器を挙げた。

まず自分の得意戦法でじっくり戦うために考えました。 (半ば)ここ飛車が持って展開されたが、すぐに激しい攻撃が来るわけではないので、ある程度読んで行くことができるのだろうかという感じがありました。 封じ手の局面は、なぜか悪くないのか感じていました。

「好きな言葉は「質問に選択された1枚。 「角が動作しているかどうかが形勢を左右するから」

 – 最初の夜は眠れたか

まず読むことができるような局面だったので、ある程度は思ったが、午後11時くらいに寝ました。 5日制大国で局面にもかかわらず、きちんと睡眠が重要だと思いました。

◆今までにない疲労感

 – 好調でずっと攻撃したが、終盤の木村前王位受け取り手に1時間のDjangoをした。 何を考えていたのか。

計画の進行がありましたが、戻って読んでみると、かなり大きな変化が多かった印象でした。 最初は目に見えない手があったので、改めて思いました。

 – 攻撃切っの勝利に見えたが、自分の第1局の総括は。

初日から木村先生が強く攻撃を呼び出すことができますが、それに対する自分もしっかり読んで返すことができたと思う。 8時間という制限時間をそれなりに生かすことができただろうかという充実感がありました。

 – 既成試合に続いて二度目のタイトル試合。 緊張などはなかった。

将棋会館以外のタイトルの戦いは初めてだったので、開始前に少し緊張があったかもしれませんが、開始から冷静に指すかと思います。

 – 終局後、「体力面で課題が残っている」と話した。

2日目は一日中終盤戦が続いている状態で、かなり読みが要求されました。 そのような経験は初めて終わり、今までにない疲労を感じた。

藤井王位と熱を繰り広げた木村一基の前に王位(右)

藤井王位と熱を繰り広げた木村一基の前に王位(右)

 – シリーズでは、「勝負チャーハン」も話題になった。

メニューをたくさん準備していただいて悩みましたが、せっかくなので地元の食材を使用したことを選択した(1日目は、「三河魚シーフード丼」)。

 – 2日目「冷蔵カルグクス食卓」は「キノコの取り外し」と注文。 キノコはなぜ弱い?

食感です、はい。 自分は椎茸とエノキとナメコくらいしか経験がないのに、その辺がないだったので、おそらく他のキノコもだめか(笑)。


READ  天国に去ったク・ハラ、すべて発端となった昔のボーイフレンドとの暴行事件で2年 - DANMEEドッキング

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close