技術

排他的な東芝、戦略的なアイデアのための4つの投資会社との議論の中で – ソース

ファイル写真:2021年6月11日、日本の東京の建物の上にある、交通信号機の横に東芝のロゴが見えます。 REUTERS / Issei Kato / File Photo / File Photo

TOKYO / HONG KONG、8月25日(ロイター) – Toshiba Corp(6502.T)は、KKR&Co Inc(KKR.N)とBlackstone Inc(BX.N)を含む少なくとも4つのグローバルプライベートエクイティ会社と議論の中でです。 新たな戦略のためのアイデア、問題の知識を持った三筋が語った。

ベインキャピタルとカナダの投資会社であるBrookfield(BAMa.TO)もスキャンダルで打撃を受けた日本の大企業の戦略検討委員会によって東芝のアイデアを整理して提出することにしたと消息筋は言いました。

最新のプロセスは、会社全体または資産の一部のバイアウト入札を正式に要請するためのものではなくバイアウト会社との契約が今後公式提案につながるかどうかはすぐに明らかにしていません。

しかし、この段階ではToshibaが、外国人投資家を圧迫するために、日本政府と共謀したと明らかになった後、株主が6月に会長を追放した後、潜在的な入札者と協力していることを示します。

会長が追い出された後、多くの事業部門と部門を保有して、複数の管轄区域で運営されているToshibaは、現在の資産に対する全面的な検討を開始しており、潜在的な戦略と財務的投資家とも協力することを約束しました。

東芝は、ロイター通信に送った声明で、「発表されたように、東芝の戦略検討委員会は、様々な取り組みを遅滞なく検討して議論している」と述べた。

水曜日、現在約190億ドルの市場価値を持った東芝は、「10月に新しい事業計画を発表したときに成果を発表する計画だ」と明らかにしたが、これ以上の言及は避けた。

ベイン、ブラックストーン、KKRの広報担当者はコメントを拒否しており、ブルックフィールドはロイターの要求に即座に応答しなかった。

消息筋は会談がプライベートであったため身元を明らかにするを拒否した。

今月の実績のブリーフィングで津波わ智東芝最高経営責任者(CEO)は、「株主だけでなく、財務および戦略的な投資家とも積極的に会話に参加してきた」と述べた。

彼はまた、同社がプライベート入札に開いていること言ったがCVC Capital Partnersから200億ドルの買収提案を受けたので、いくつかの提案も受けなかった。

東芝の元CEOは、CVCの買収提案に対する論議で、4月に辞任した。

ベイン(Bain)、ブルックフィールド(Brookfield)とKKRは、以前に東芝を非公開に転換するための潜在的入札を検討している。 当時財閥は上場が「長期的な価値の創出に適した資本構造」を提供すると信じていた。

Toshibaが私募ファンドと会話しようとする動きは、同社が入札を引き出すための公式の手順を開始していない理由について疑問を提起した一部の投資家を混乱させました。

6月の調査では、東芝は、昨年の株主総会で投資家が影響力を行使することを防ぐために、日本通商部と共謀したと結論付けた。

エスカレーターで下水道に至るまで、様々な製品を生産する東芝は、日本で数少ない発電用原子炉メーカーの1つであり、放散装置を製造しています。 つまり、会社を売却する政府の承認が必要です。

東京のMakiko Yamazakiと香港のScott Murdochの報告; Kane Wuの追加、表示、編集:Sumeet Chatterjee、Kim CoghillとEmelia Sithole-Matarise

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  LA郡、デルタ亜種拡散の両方にマスクを使用促す

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close