採用過程が操作されたという非難の中、エディ・ジョーンズ(Eddie Jones)がブレイブ・ブロサムスのコーチに戻りました。

Estimated read time 1 min read

SportsLookで記事全体を読む – 採用プロセスが操作されたという非難の中で、Eddie JonesがBrave Blossomsのコーチに戻る

エディ・ジョーンズ(Eddie Jones)が日本ラグビー国家代表チームの監督として2度目に戻ってきたが、彼がまだオーストラリアと契約を結んでいる間、日本ラグビーサッカー連盟と会話したという非難を受けている中で出てきたのです。

日本ラグビーフットボール連盟は、12月13日水曜日に去るジェイミー・ジョセフの後任でジョーンズを雇ったと発表しました。

以前に2012年から2015年まで日本のコーチを務めたジョーンズは、2024年1月1日に赴任し、自身の母国であるオーストラリアで開かれる2027年ラグビーワールドカップを通じてBrave Blossomsをリードするようになります。

ジョーンズ(63歳)は木曜日の記者会見でオーストラリアが初めてフルステージで進出できなかった2023年フランスラグビーワールドカップ前に日本代表チームの面接を見たという事実を否定した。

ジョーンズは東京で「ワールドカップ前にインタビューをしたことがない」と話した。 シドニーモーニングヘラルド

ジョーンズは「日本での経験を日本で経験してほしいという採用代理店から要請を受けた」とし「ある人々はそれをインタビューとして解釈したかもしれないが、そうではなかった」と付け加えた。 日本との最初のインタビューは12月にあった。 それが唯一のインタビューだった。 そうでした。」

ジョーンズ 辞職書を提出した Wallabiesと5年契約を結んだにもかかわらず、10月にオーストラリアのラグビー関係者に。 ワールドカップは9月8日から10月28日まで行われた。

広告


オーストラリアのエディジョーンズに対する批判

日本で働くことにした彼の決定は国内で批判を受けた。

「このすべての物語についての私の考えは、彼が嘘をついたということです」。 元オールブラックスの偉大なソニー・ビル・ウィリアムズがオーストラリア放送のチャンネル・ニーンに語った。 「明らかに彼は選手たちに嘘をつき、大衆にも嘘をつきました。彼はオーストラリアのラグビー連盟にも嘘をつきました。本当に不名誉なことです」

京都ニュースによると、日本のラグビーリーグ1の現在のチャンピオンであるKubota Spearsの南アフリカのコーチであるFrans Ludekeは、日本のラグビーサッカー連盟がインタビューした3人の候補者の一人でした。

SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:ジムアームストロング

著者は25年以上にわたり日本スポーツを取材してきた長いジャーナリストだ。 あなたは彼を見つけることができます SportsLookの記事

READ  ベトナムのゴールキーパー、日本のセレッソ大阪に参加
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours