経済

携帯料金」値下げ」より必要なこと。 両社の新たな料金と総務省「アクションプラン」【西田宗チカの額土未来]-Impress Watch

10月28日、この携帯電話やUQ mobileが相次いで新しいプランを発表した。

ワイモバイル、20GB / 4480円で10分通話定額の「シンプル20 “

UQ、20GB月額3980円の新料金プラン「スマートホプとV」

すべて菅内閣が、携帯電話事業者に値下げを余儀なくさ総務省がまとめた、いわゆる「アクションプラン」の成果である。 NTTドコモは、NTTによる完全子会社化の準備中であることもあり、公開することができる状況にはないが、準備ができた後は、どのような対応が行われたとみられる。

総務省、携帯電話市場の競争環境整備のための「アクションプラン」

ドコモ、アクションプランに「意見をきちんと伝えたい」

武田良太総務大臣は、今回の値下げについて「一定の成果を得ることができた」と評価する姿勢を見せている。

ところで、実際に成果はあるのだろうか?

今回は、この値下げはどんな意味を持っているかどうか、もう一度分析してみたい。

今回の値下げは、「実は安くない? “

2社による今回の値下げは、明らかに共通点がある。 それは「月刊データ量を20GBに設定したもの」、「メインサービスではなく、いわゆるサブブランドを活用した引き下げること」である。

現在、携帯電話サービスは次の5つに分類することができると筆者は考えている。

A:NTTドコモ/ au /ソフトバンクによる大容量計画(5G)を主軸とした全サービス

B:ような大企業の3社による通信の利用量に応じて異なり、フルサービスだが、段階的な料金で「私のサービス ”

C:楽天モバイルによる低価格フルサービス

D:au /ソフトバンクのサブブランドによる4Gを軸とした低価格フルサービス

E:MVNO業者による若干の制約を伴う低価格サービス

今回の値下げは、「D」に対応するものですが、少し特殊である。 既存の値下げは「使う人は高く、そうでない人のためには、従量課金に近い形で安価」というのが基本的なだったのだが、今回の内容は、「20GB」という能力がポイントになっており、「比較的大容量のサービスを安くする」というのが主軸になっていることがわかる。

だから、実際にそこまで安くない。

「B」に対応するソフトバンクの「区別計画」を例にとると、表示上の最低価格(ここで注意)で3,480円。 8ヶ月以上・4Gの場合は4,480円。 ワイモバイルの新しい計画と月額は同じで、しかも50GBまで無制限である。 そして、データ使用量が少なくてもいいなら、より安いプランが多数ある。

ソフトバンクのページで提示されている料金。実際に50GB無制限の使用計画も、この携帯電話の新しい計画と価格は変わらない

急ぐ前にきちんと説明しておけば、この比較はあまり公平ではない。

例示したソフトバンクの計画は、「光回線とのセット割引と家族割引などを駆使した場合」のものである。 割引が全くない場合7,480円となる。 また、使用している機種の違いと5Gの有無、テザリング利用するかどうかなどによって価格は上がる。

新しい計画は、UQしろ、このモバイルでも大手3社の料金プランより割引条件が簡単に設定されている。 また、安価な従量制プランは、「自分がどれだけのデータ通信を知らない」という人には理解し困難もある。 その後、多くの人々が十分であると考え容量が設定されては簡単に少し安い新しい計画は、確かに「実質的に安い計画だ」と言うことができる。

ワイモバイルの新しい計画リリースの解説。 割引前提しなければ、もちろん、このモバイルの新しい計画がより安い。 しかし、単純な価格ならもっと安いプランはある。

しかしある。

割引条件があるといっても価格をより下げることができることではないことができない。 主なサービスは、多くの割引を提供しているのは、それだけ大手3社は、「主要なサービスに、家族ごとに入って長く使ってほしい」を前提としたビジネスモデルを組み立てているのだ。 新しい計画がメインになるほどの人気になるとは考えず、そのようになってくれることも望ましくない。 だから「安価な料金プランを探している人のための「サブブランドとして設定しているのだ。

もともと新しい料金プランよりも、すでに楽天モバイルの料金が安い。 そこに3社が直接対応を「まだ」していないのは、どういう意味ですか? そこまで脅威がないということだ。

それ総務省に「特定の評価」を下しているということは、正直「なんかね」という感じがしています。基本的に競争と値下げに手を入れてたかったのではなく、「下げるようにした」という形が望んでいたではないか…. ..考えられる。

要求されるのは、「床の年号」ではなく「グランドプランの提示」

筆者は今の携帯電話料金体系が最高だとは思わない。 しかし、すでに「安い」だけなら実現できるとも考えている。 だから「安い・安く」の年号に意味はない。

ポイントは、「分かり」「競争のしやすさ」「必要な人に必要なサービス」と考えている。

すでに述べたように、長期割引とセット割引して安価なサービスを実現することができる。 これを否定していてはいけない。 「アクションプラン」の光回線セットする内容注視する旨が記載されているが、これは単に否定することは、家庭に経済的なインフラの普及を阻害する要因となる。

総務省が示した「アクションプラン」の詳細、料金引き下げ競争加速が軸だが、気になる項目もあります

現在、携帯電話端末との通信料金完全分離して5Gを含むハイエンド端末の普及は遅れている。 他の国で5G端末の割引によって普及が推進されているが、日本だけ5Gの普及にブレーキがかかっている状況だとすることができる。 5Gは領域など、多くの問題が残っているが端末が普及するサービスの価値を高めることは間違いない。

ここで、光回線の割引も単純な「禁止」と否定的な影響を与えるのは確実である。

禁止することがある場合、それは “割引家の価格を前面に出す」ものである。 割引を使用するか、使用していかどうかは個人の自由であり、条件を満たしているかどうかも個人によって異なる。 だから割引価格前提で、すべての交渉を進めてはいけません。

以前は各社とも「多くの人々が割引を選択ので、理解度を重視する」という説明が割引された価格だけ前面に出していた。

最近では批判もあってか、「料金シミュレーター」や「セット割引をキャンセルした場合の料金を表示」などを研究するように助けた。これらの方向性は強調されるべきであり、措置計画の中にも料金をわかりやすく比較するための「ポータルサイト」インストールが含まれています。政府がしなければならなく、民間でお金を出してくれるとして、それを事業に企業が出てきていい……と筆者は思うが、「ポータルサイト」であることをすることは悪い考えではないと思う。

そこでは、正常にMVNOも対象にならなければならず、MVNOの価値が正しく知ることができようにしなければならない。 端末でもリアルで、顧客対応も割引サービスの有無も大手4社が有利な状況」、シンプルで低容量に合った」というMVNOの価値は、携帯電話料金やサービスを勉強しなければ曖昧な部分がある。そのギャップを埋める助けとMVNO自体が定額サービスをはじめとする、より自由な価値を提供を行う競合状態の提示などに行くことが総務省である。

その近くに比べればeSIM導入など目立つだけで大変な意味はない。 進行するべきなのに最優先のニュース価値がある話ではない。

今回両社の割引 “一定の成果」と言ってしまうことを残念に思うのは、このような言葉とは全く接続されないからである。 まさに「料金引き下げ」というタイトルにしただけでは目的に見られる。

アクションプランを読んで対応力はありませんが、総務省も考えがあることが読み取れる。 そのような部分をよりよく明らかにし、「日本の通信行政をどのようにしたい」という壮大なプランを明確にしてほしい。 そして何よりも、そのグランドプラン」が正しく反論し、議論する「機会を提供ほしいと思っている。

首相が決定すると決めた、政府首脳が決定すると決定することは、おかしくないか。

READ  iPhone12、オレンジ詳細については、今回も有名なリカあえて流した虚偽の情報であった? - iPhone Mania

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close