理科

摂氏1700度以上!超高温に加熱されたネプチューンサイズの系外惑星を発見| sorae宇宙のポータルサイト

▲公転周期は約19時間計外惑星「LTT 9779 b “(中央手前)を描いた想像図(Credit:Ricardo Ramirez、University of Chile)

チリの大学James Jenkins氏卵の研究グループは、南の「彫刻家桁 “方向約260光年の太陽系外惑星「LTT 9779 b」を発見し、研究成果を発表しました。

LTT 9779 bは、太陽よりも一回り小さい星「LTT 9779」近く(ロング半径は約0.017天文単位)をわずか19時間程度の周期で公転で、表面温度は摂氏1700度を上回っていると予測されています。発表では、「極高温のネプチューン」「ウルトラホットネプチューン」(ウルトラホットネプチューン)などで表現されており、超高温に加熱されたネプチューンサイズのシステム外惑星の大気の性質を調査姿の観測対象になると考えています。

LTT 9779 bの直径と質量は、それぞれ地球約4.7倍、約29倍海王星(直径と質量は地球の約3.9倍、約17倍)よりもわずかに大きい系外惑星になっています。 また、地球2〜3個分の質量に対応する水素を主成分とした大気を持っていると見ることができます。

■LTT 9779 bは「ネプチューン砂漠」で発見された

システム外惑星は、すでに4000個以上が発見されており、公転周期が1日未満に短縮恒星などの主要星に近い軌道を回るようなシステム外惑星も一部発見されています。しかし、研究グループによると、これらの短い期間の軌道で発見されたシステム外惑星は地球の2倍以下、または木星に近いサイズだけは、その中間となる海王星に近い大きさは、これまで発見されなかったです。

短い期間の軌道にネプチューンサイズのシステム外惑星が発見されていない理由は、主に星の近くで水素を主成分とする大気が主星が流れてたり、主星が放出する強力なX線や紫外線に飛んで容易たりすると予想されてているので、十分な空気を保持するのに十分な質量が大きい木星サイズの惑星大気を失った後、残された地球サイズの惑星しか存在しないからではないかと考えられてきたといいます。

システム外惑星の質量と半径と公転周期の関係に注目すると公転周期が短く質量と半径が海王星に近い領域に行われた空白が発生するように見えるので、この領域は研究者で「ネプツニア砂漠(ネプツニア砂漠)」とも呼ばれます。

ところが、LTT 9779 bは、この非常に海王星砂漠で発見されたネプチューンサイズの系外惑星なかった。研究グループは、他の軌道で誕生したLTT 9779 bが比較的最近になってから現在の短い期間の軌道まで移動してきた可能性言及しており、今後もLTT 9779 bの軌道と大気を観測して外側の軌道で移動してきた証拠と大気が失われている様子などを詳しく調査する必要があると指摘しています。

▲システム外惑星の質量(上)と半径(下)を縦軸、公転周期を横軸にした分布図。 LTT 9779 bは赤いプロットされている(Credit:Jenkins et al。、自然科学研究機構天体生物学センター)

画像クレジット:リカルド・ラミレス、チリ大学
出典: 自然科学研究機構天体生物学センター / IAC
文/松村武宏

READ  日本人の約6人に1人...なぜ「独居老人」が急増しているかどうか| 富裕層向け資産防衛メディア| 幻冬舎ゴールドオンライン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close