改装されたスリッパ列車:ビジネス障害に直面したユニークなリゾート

Estimated read time 1 min read

香川県関論寺市には特別な宿泊施設が公開されてから1年が経ちました。 この施設は、退役したベッド列車の車両をリサイクルして作られています。 この車両は、旧日本国鉄で運営されていた「ブルートレイン」という愛称と呼ばれる列車サービスに使用されています。

同社はDuette睡眠車を使用して急速に注目されており、そのうち3台しか製造されていません。 各車両には2名で宿泊できる客室があります。

これらの魅力的な機能にもかかわらず、スポンサーの増加はわずかでした。 コロナ19事態もここに影響を与えた可能性があります。 オーナー岸井雅紀は、より多くのゲストを引き付けるための戦略を模索しています。 「私の期待は楽観的すぎたかもしれませんが、この貴重な列車に滞在する機会を維持するために努力します」と彼は言います。

デュエッカの廊下で、それぞれ2人が宿泊できる部屋があります。 (©サンケイ、和田元宏)

石川観光客バナー

子供の頃の夢に導かれる

2023年4月、岸井は関論寺市雲ペンジロープウェイ基地局第2駐車場に宿泊施設をオープンしました。 ロープウェイ ウンペンジ寺 徳島県三吉市、四国巡礼道66番目の目的地。

2008年まで京都と熊本の間を運行した那覇列車のデュエット列車、または1998年に中断された瀬戸列車のB級ベッド車に宿泊できます。 後者は車体の側面に銀色の縞模様があります。

Kishiiは、前にZentsuji市でうどんレストランを運営し、Blue Train車両を巡礼者のための宿泊施設に変えるという夢を追求するために事業を移転しました。

電車への彼の情熱は、5年生の時に燃えました。 中学校のとき、彼は電車の写真を撮るのに十分に落ちた。 母親にウコフェリーに乗って岡山駅まで夜行きに行くことを説得した彼は、父のカメラを使ってベッド列車の写真をたくさん撮った。 その経験を思い出しながら、彼はこう思います。 [nameplates on the trains] 継続的な印象を残しました。」

会社員になった彼は、出張車東京に出張する際にベッド列車に乗った。 それから西洋とは栽培者として働いた後、独学でうどん屋の所有者になった。

広告


G7サミットバナー

8年前の店以前のアイデアが浮かび上がったとき、彼は「幼い頃にとても好きだったブルートレイン車を利用して巡礼者のための宿泊施設を運営してみてはいかがだろうか?」という悟りを得た。

「ブルートレイン」デュエット車の二階の個室内(©Sankei by Motohiro Wada)

不快感と広報不足

Kishiiは、Blue Train車を探すために全国を凌駕しました。 岸井は鹿児島県阿久根市で以前に宿泊施設として使用されたが、運営が中断された2か所を発見した。 準備に約5年かかりました。 2021年4月、彼らは陸路と海上を通って鹿児島から関論市に運ばれました。

交通費が初期の見積もりを超えたため、木志は2つのクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。 彼は合計1,400万円(米ドル89,000ドル)未満を集めました。 彼は「巡礼者の宿泊施設としての用途を考慮して、巡礼道の近くに列車館が入るスペースがある場所を選定した」と立地選定理由を説明した。

一度ボランティアが車体を塗り直し、電気システムを復元するなど、自動車を準備する過程で彼を助けました。 2023年4月、ついに宿泊施設が開かれた。 彼は「不思議なので全国各地から訪問客が集まると予想した」と話した。 しかし、宿泊施設とうどん屋の両方が損益分岐点に大きく及ばなかった。

この施設は、最寄りのJR豊浜駅から直線で約6.5km(約4マイル)のところにあります。 コミュニティバスを含む他の公共交通機関は利用できません。 これはアクセスが非常に困難です。

また、自動車移転および公開計画は、コロナ19感染症のために妨げられ、広報が不足していました。 さらに原材料価格の上昇により、初期資本投資も大幅に増えた。

この宿泊施設は、ウンペンジ寺院に続くロープウェイ駅の近くに位置しています。 (©サンケイ(和田元宏))

カリコムバナー

隠された宝石

現在、Kishiiは当面の課題を克服するためのソリューションを追求しています。 彼の主な焦点は、地元の家族を招待し、訪問者が車を直接体験できるイベントを開催することで、広報を強化することです。 彼はまた、鉄道駅からウンペンジーロープウェイ基地局への小型観光バスを編成するために、地方当局とバス事業者を説得するよう努めています。

また、吉井は施設移転の妥当性を調査し、利用可能な補助金を調査しています。 彼は地域社会のアドバイスに基づいて自分のビジネスを統合することを検討しており、スポンサー、小額株主、スポンサーを探しています。 ハイシーズン価格調整、ツアー料金調整なども彼が模索している他の案だ。

Kishiiは、ビジネスの未来が不確実なときにイベントを計画するのが賢明であるかどうか疑問に思います。 それにもかかわらず、彼は「クラウドファンディングを通じて応援してくださった方々の希望を伝え、この大切なブルートレイン宿舎の生存を保障する」と強調する。

日本にはブルートレインの宿泊施設が5つ(北海道に1つ、東北に2つ、九州に1つ)だけです。

岸井の宿に泊まった大阪市出身の自営業者の竹岡太一氏は「朝起きた時、窓の外の風景が本当に素晴らしかった。岸井さんのそれを保存しようとする努力に感動を受けた」と話した。 私は彼を応援しています。」

広告


G7サミットバナー

同様に、この施設に2番目に宿泊した東京出身のカップルは「昨夏のインターネットで偶然この場所を見つけて宿泊することにしました。幼い頃の夢だったブルートレインに乗ることがついに行われました」と話しました。

関連:

記事を読む 日本語で)

著者:和田元宏 産経新聞

READ  より多くの刺激策への希望が積もりながらウォールストリート記録記録| ナショナルニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours