放棄された部品で超大型和風巣を作ったアメリカ人

1 min read

日本の古代の侍首都である鎌倉の上の丘で、ブライアン・ヘイウッド(Brian Heywood)は12人の人々を監督し、新しい家を仕上げています。 花が咲く山桜桜に囲まれた広々とした展望台は、遠くから富士山が見える相模湾の西側を眺めています。

ヘイウッド(57歳)は最近ある日午後、「私は人々が運転をするときに他の世界に移動したかった」と話した。

東京から南に約30マイル離れたこのビーチ村の1エーカーが少し以上の敷地は交渉と保存の偉業を遂げてきました。 ヘイウッド氏がショザンと呼ぶのは、300年の木造家屋、廃棄された150年の仏教寺院、その他文化財が奇妙に融合した建築物です。 全て丁寧に分解され、元の場所からここに移され再建されました。 5年の期間。 彼らの美学と基本的なデザインは慎重に維持されました。 しかし、今や構造には床暖房のような近代的な設備と、より高い天井やより大きなドアのような洋式の比率があり、それを所有するアメリカ人を反映しています。

Heywood氏はShozanを保存行為と見て、彼の保守的な世界観とつながる行為とみなしています。 建物の一部は、所有者によって廃棄されるか撤去される予定であり、所有者は、日本政府によって「文化財」に制限されるのではなく、建物を譲渡することにしました。 一方、彼は鎌倉に自然中心団地を完工しながら、自分の故郷であるワシントン州で気候変動法を撤回するための闘争に取り組んでいます。 彼は彼の努力が「事実上助けを必要とする人々からお金を奪い、何の恩恵をもたらさない善良なプログラムで偽装された政府の介入」と考えることと一致すると述べた。

ヘイウッド氏はアリゾナで生まれ、1980年代にイエス・キリストの末日聖徒教会の宣教師として初めて日本に来ました。 「私は到着した日から寺院、家、庭の庭に反対しました」と彼は言いました。 「大阪で私たちは野外に盆栽が並ぶ古い田舎の家を訪れましたが、一部の木は100年の木もあると言いました。 これは多世代の栽培と美しさの保護を意味します。 これはアメリカ西部では聞いたことのない概念だ。

何十年もの間、日本企業と一緒に働いて投資した後(現在、彼はシアトル郊外のカークランドに本社を置く日本中心の投資諮問会社を率いています)、ワシントン州レッドモンドの40エーカー規模の農場と同等の伝統的な家屋をここに建てたいと思いました。 。 。

小山は700年間海に面している44フィートの高さの青銅像である鎌倉の大仏像に近い豪華な近所に位置しています。 玄関門の上には、「樟脳」と「山」を意味する「ショザン(Shozan)」という書道が書かれた大きな木の銘板がかかっています。 前者は私有地の上にそびえ立つ三本の樟脳を意味し、ヘイウッド氏に1988年アニメ古典「近所トトロ」に登場する森の精霊が宿る巨大な樟脳を連想させます。

その映画のように、ショーザンは幻想、つまり日本が生み出した幻想を持って演じます。

州の住居は、それぞれ約200年の一対の頑丈な瓦屋根の農家で構成されています。 ヘイウッド氏と彼の建築家坂野正隆は、日本仏教定土宗の宮廷(または皇室請負業者)首長の助けを借りて、数百マイル離れた富山県の雪に覆われた山でそれらを発見しました。

日本の田舎の多くの古い建物と同様に、この農家もヘイウッド氏が発見した当時は人が住んでいなかった状態でした。 所有者は撤去を検討していましたが、何世代にもわたって伝えられている家族資産との別れに心が開かれるまで、まだ多くの議論が必要でした。 日本語に堪能なヘイウッド氏は、自分が管理人の役割を果たすと約束しました。 彼がついに承認を得たとき、約20人の専門の紳士と寺院の大工からなるチームが農家を分解し、ほぼ43フィートの長さの巨大な牛張梁を含む各板に番号を付けた後、トラックで鎌倉に運びました。 ヘイウッド氏は建物を無料で買収し、土地を再利用できるように土地を整理するのにかかる費用だけを支払った。

その後、両家は日本では珍しい大きさと高級感を持つ一つのL字型の建物に合わされました。 高さ15フィートの天井がある印象的な玄関口を過ぎると、風通しの良いファミリールームとキッチン、広々とした大理石の天板アイランド、レストランレベルのガスストーブ、ケヤキの2枚のダイニングテーブルがあります。 ハイライトは、樟脳と遠い太平洋の景色を眺めることができる広い木製バルコニーにつながるキッチンのスチールとガラスの拡張です。

階段は、伝統的な倉庫倉庫からもたらされた超大型ドアを通って基本的なベッドルームに上がります。 高さ約20フィートの天井の下には、ハイウッド氏の妻であるロシェル・ハイウッドが芸者と侍の水彩画の肖像画を描くワークスペースの横にある高いプラットフォームにキングサイズベッドが置かれています。 窓から地平線を越​​えて富士山が見えます。

夫と共に大人の子供3人を持つヘイウッド(57歳)夫人は「私は視覚的な人であり、ブライアンは考える人、行動する人、作る人に近い」と話した。 「小山は私が日本に戻って呼吸できる場所です。」

この家のハイブリッド機能には、超大型の日本の扁桃の浴槽、空白、高級アームチェアなど、かなり非伝統的な手入れで飾られた伝統的な畳のマットベッドルームが含まれています。 ドアのように、廊下も通常よりも大きいです。 Heywood氏の6フィート3インチフレームを収容するのに最適です。

「このプロジェクトの本質は、アメリカと日本の文化のコラボレーションです。 私の主なことは彼らのバランスをとることでした。」 ボストンのバークレー音帯に通って建築家になる前に、ニューヨークで専門的にサックスを演奏した坂野(50歳)が語った。

坂野氏は「日本の伝統文化にはカタ、つまり行動方式が多すぎます。 しかし、それは日本人が考える以上のものです。 鎌倉時代以前の家はとても異なっていて、パノラマ感を受けました。 だから私たちは人々が考える以上のものを持っています。 このプロジェクトはそれを再建することです。」

ゲストハウスで、坂野さんとヘイウッド氏は西に185マイル離れた琵琶湖地域で約400年の商人の家、ミンカを発見しました。 この家は、「約27世代前に」建てられた元の家族の手にまだ残っていたとヘイウッド氏は言いました。 解体され再建されたこの建物は、フスマのドアの上のランマ彫刻の木製パネルと中央イロリストーブなどの伝統的な要素と現代の電気設備とトイレを組み合わせています。

建築保存運動家である西村豊宏は、ヘイウッド氏との交渉で住宅の以前の所有者に助言をしました。 「古いミンカを保存したいのですが、人口の減少のために難しく、ホームステイの宿泊施設に用途を変更するのに費用がかかります」と西村氏は言いました。 「この家は私たちの近所を象徴するものであり、地元の住民はこの家が消えず、鎌倉で今後100年、200年間続くという事実に喜んでいます。」

ヘイウッド氏は、提案が正式に行われる前に合意を構築する日本の慣行である根馬市を通じて厳格な許可手続きを行いました。 (鎌倉市役所のスポークスマンは、このプロジェクトに関する情報を提供できないと述べています。)そして、建設中に、一部の隣人は仏教の宗派が敷地を占拠したと心配して、ヘイウッド氏は餅作りのイベントを開催しました。 彼はもち米を作り、プロジェクトを説明し、彼らの恐れを和らげるために伝統的な近所の集まりを持っていたと述べた。

「政府が文化遺産に指定したくなかったので、人々が家を壊したという話を聞きました。 そうしても何も変えられませんでした」とHeywoodは言いました。 「変えることができず、売れないならば、土地は価値がないので、最も賢いことは家を壊すことです。 美しいものの破壊を促進する歪んだ政府の介入があります。」

Heywood氏は、彼が考える政府の過剰対応に異議を申し立てた履歴を持っています。 ワシントンでは、彼は高所得者への注意新しい資本利得税の廃止を含む多くの積極的な投票の提案の主要な資金提供者です。 気候公約法、排出権取引制を通じて気候変動に対処することを目指していますが、彼は高いガスと食料価格を非難します。 彼の努力は、この法案が州の教育、再生可能エネルギー、ヘルスケアに資金を提供するのに役立つと述べた民主党の議員を激怒させました。

「私は共和党員です。 どんな共和党員も「私たちは空気と水がより汚染されるようにしたい」とは言いません。」と彼は言いました。 彼の見解によると、現行法は「気候には全く役に立ちません。 厳密に言えば、お金を盗む行為です。」

長い間ワシントンで世論調査を行ってきたStuart Elwayは、州議会はHeywood氏が支持する発議案の一部をすでに通過しており、残りの発議案は11月の投票に含まれると述べた。 エルウェイ氏は、「もしそれらの一部または全部が合格すれば、私たちは彼についてもっと知ることができると期待しています」と言いました。

ヘイウッド氏が言ったように、彼は「回転秒が多く、風が多く吹いて低木が多い」地形だったアリゾナ田舎の貧しい家庭で生まれ、ハーバードに行って東アジア研究を追求しました。 生涯イエス・キリストの末日聖徒教会の会員だった彼はソ連で伝道したかったのですが、代わりに日本に派遣され、日本語でコミュニケーションし交渉する技術を学びました。 彼は2001年にTaiyo Pacific Partnersを設立する前にビジネスキャリアを築きました。 2014年、同社は有名な電子楽器メーカーであるRoland Corporationの経営陣を買収しました。 彼と当時、RolandのCEOであるJun-ichi Mikiは、会社を非公開に変え、構造調整をしました。 ローランドは2021年に東京証券取引所に再上場されました。

三木さんが小山にゲストとして来ました。 「みんなが「それは不可能だ」、「一度もやったことがない」と話したとき、ブライアンは誰にも負けない昔の民家に対する強い感情のおかげで、繰り返し交渉を通じて驚くべき結果が得られた」と話した。

Heywood氏は、彼が「巨視的な側面から見ることができる神の威厳の美しさ」を反映できる小さな空間で制御された自然に対するビジョンを明らかに表現しました。 彼がその土地を買ったとき、その土地は竹、日本のつる、アジアの巨大なハチ、毒のある巨大ムカデでいっぱいでした。 彼はこの荒野を宣教的な熱心と見なしました。

「純粋な混沌が必ずしもきれいではない」とヘイウッドは言った。 彼は彼のプロジェクト費用を明らかにすることを拒否した。 「構造化されたカオスは興味深いです。 それが日本庭園の作りの芸術です。 複雑に計画されたことが自然に起こったように見えるように努力することです。」

小山の庭園の詳細は、鎌倉に根ざした造園芸術家の井沢川内監督で、水場水タンクやトロ石などの特徴を追加しながら、敷地内のすべての生存可能な植物を保存しようとしました。 。 17世紀後半。 74歳の川内氏は、「私は新しいものを使わず、歴史的な石だけを使います。 それがなければ雰囲気はありません。」と言いました。

しかし、ヘイウッド氏の天国の宝石は、彼が約160マイル離れた茅葺き屋根の農家の歴史的な村である白川郷の近くで発見された仏教寺院です。 この寺院は日本全土の他の何千もの寺院と同様に捨てられており、エレガントな湾曲した屋根は水の損傷によって崩壊する危険がありました。

地元の住民とジョントジンジョンは仏教の解体式を終えた後、ヘイウッド氏に150年の建物をショーザンに移転することを許した。 その後、東京郊外のある寺院からもたらされた巨大な青銅色の鐘と組み立てられる前に、神道は地面の奉献式を行いました。 今復元され、エアコン、AV機器、空白、運動機器を備えたこの寺院は、映画館、ヨガスタジオ、企業のリゾート地として使用されています。

ヘイウッド氏は「日本人の美的感覚と優れた職人精神を持った坂野さんのような人を警戒がないと信じるアメリカ人と一緒に置くこと」と話しました。 「素敵なことが起こります。」

READ  MOLとJX、日本とオーストラリア間のCCSバリューチェーンの開発
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours