政府、海外企業に日本監督官任命要求安全規制に対する責任増大

Estimated read time 1 min read
読売新聞
経済産業省

経済産業省によると、政府はインターネットを通じて日本で製品を販売する海外企業に安全管理および問題解決を監督する担当者を日本に任命するよう要求する予定です。

これらの措置は、オンラインで購入した海外製品に関して増加する事故を解決することです。 政府は監督官を通じて日本の安全基準を満たさない製品の除去を要請することができる。 国土部は今回の国会で関連法を改正し、2025年施行を目指している。

現行製品安全に関する法律は、電気・ガス用品など493品目に対する基準を定めており、政府はこれにより海外製品の輸入・販売業者に遵守を義務付けている。 しかし、最近、国家安全基準に違反した製品は、オンラインストアの集合体であるAmazon.com、Inc.などのオンラインショッピングモールを通じて消費者に直接販売されています。

政府はこの法律を改正し、海外企業が問題発生時の責任を明確にするために日本に国内監督官を任命するよう要求する予定だ。 外国企業の支店や輸入業者が監督者として活動すると推定されます。

法規違反事項がある場合、国土部は国内監督官を通じて製品リコールや無償交換を要請する予定だ。 要請に従わない場合、会社名と国内監督​​者の名前が公開される。 消費者にとって危険な懸念があるにもかかわらず、売り手が必要な措置を講じていない場合、政府はオンラインモールの運営者にその商品の退出を依頼することができます。

法改正により、子供向け製品は安全性をさらに強化した特定製品に指定されます。 該当製品の製造者および輸入業者は、対象年齢層、使用上の注意事項など、該当品目に関する情報を表示しなければなりません。 教育省は、その製品には、子供のためのおもちゃ、ベビーカー、ベビーバンドなどが含まれると述べた。

国土部によると、オンラインで購入した製品による重大災害は2019年73件から2022年103件に増えた。 海外産のモバイルバッテリーにより火災が発生し、以後子供の内臓に穴が開いた事例も相次いでいる。 彼らは誤って強力な磁石を含むおもちゃを飲み込んだ。

READ  日産、福島で電気自動車バッテリーの再利用作業を強化
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours