政府が収益を求めるにつれて調査中の日本中央銀行のETF保有

Estimated read time 1 min read

木原レイカ

東京(ロイター) – 日本財務長官は水曜日、政府が中央銀行が保有している莫大な上場指数ファンド(ETF)を若い世代に富を分配するために使用するという提案に従って帳簿価額で買い入れられるかどうかを調査しなければならないと言いました。

この提案は、岸田文夫首相が日本の成長の可能性を高めるための努力の中核政策議題のうちの富の分配を含んだが、野党議員の提案であった。

日本の人口高齢化により、60歳以上の人々が全体の家計金融資産の約60%を保有しています。

このような歪みのために、学界は教育、住宅、その他の生活費の支出がより強い若い世代にもっと富を移す必要があるという要求が提起されました。

鈴木俊一財務長官は議会で「政府は収益源を確保するために(BOJのETF保有分を)帳簿価額で買収することが許容されるかどうかを調査しなければならない」と述べた。

中央銀行の収益データによると、2023年3月基準のBOJのETF保有額は帳簿価37兆円(2657億5000万ドル)、時価53兆円です。

彼は、若い世代にETFを配布することは、家計がETFを売るリスクや広範な株価変動に影響を与えるなど、解決すべき様々な問題を引き起こすと付け加えた。

上田和夫BOJガバナーは、同議会のセッションで中央銀行がETF保有をどのように売却できるかについての詳細を議論するのは時期尚早だと述べた。

上田は「目標価格達成が予想されれば、政策会議で詳細を議論し、情報を公開する」と述べた。

上田も中央銀行は原則としてETFを帳簿ではなく時価で売却する計画だと述べた。

2%のインフレ目標を継続的に達成するための努力の一環として、BOJは現在、国債やETFなどのリスク資産を購入しています。 また、-0.1%の短期金利目標と10年満期債権利回り上限を0.5%に設定しました。

($1 = 139.2300円)

(報告:Leika Kihara、編集:Simon Cameron-Moore)

READ  日本はSailGPスケジュールの変更に不足している-The Royal Gazette
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours