トップニュース

政府が推進することにより、日本で浮上するオリンピック監視:NPR

今月初めに東京で開かれた東京オリンピックの群衆がデモを行っています。 オリンピックまで3ヶ月未満残っていない状況で進行中のCOVID-19大流行期間中にこれらの大規模なイベントを開催する可能性についての懸念が日本に残っています。

Yuichi Yamazaki / Getty Images


キャプションを隠す

トグルキャプション

Yuichi Yamazaki / Getty Images

今月初めに東京で開かれた東京オリンピックの群衆がデモを行っています。 オリンピックまで3ヶ月未満残っていない状況で進行中のCOVID-19大流行期間中にこれらの大規模なイベントを開催する可能性についての懸念が日本に残っています。

Yuichi Yamazaki / Getty Images

日本政府は、金曜日に東京オリンピックの反対がさらに組織され激しくなりながら開幕まで残り70日だけ残ったので、より多くの国をコロナウイルス緊急事態に陥れた。

日本の47県のうち9県は北海道、岡山、広島、来月末までに緊急事態に直面しています。 そのリストに参加 金曜日に。 最大二の都市、東京と大阪は、緊急事態に直面しています。 第四の感染のケースの数は増え続けています。

政府は、オリンピックが計画通りに進行されること確固たる立場を維持して、オリンピックが安全であることを確認するために、適切なウイルス対策措置をとることを約束しました。

問題は、地方政府と医療機関がオリンピックのために不足している医療資源を確保しようとする中央政府の努力を拒否しているという点である。 彼らは自分の人口よりも、オリンピック選手とスタッフを優先することを拒否します。

千葉県知事熊谷豊島ヒートは「オリンピック関連の人が病床を使用することができなくなった場合に使用病床確保や割り当てを考慮していない」と述べた。 と述べた 木曜日の記者。

東京と接している千葉ではサーフィン、レスリング、テコンドーなどオリンピックイベントを開催しています。 東京の近くにある茨城県神奈川県のイベントを開催した医療資源が不足して似たような決定を下しました。

500を超える都市の約40個 プログラム トレーニングキャンプと文化交流のためにオリンピック選手を誘致するためにNikkei新聞が報道しました。 千葉 発表 今週、米国の陸上チームは約120人のプレーヤーのための県でのトレーニングキャンプをキャンセルしました。

13日、医師130人を代表する労働組合は、厚生労働省のゲームキャンセル要請を提出した。 グループの代表である合山直人博士は「東京をコロナウイルスホットスポットに変えてはならない。今、東京オリンピックを開催してはならない」と述べた。

別の批評家のグループ 配信 金曜日のオリンピック主催者に請願して、9日ぶりに約35万件のオンライン署名を受けて試合キャンセルを促しました。

そして先月末、医療従事者はTwitterを使って 抗議 政府が日本看護協会に500人の看護師をオリンピックで助けるように要求しました。 「私たちは使い捨ての携帯電話がありません。」した看護師がツイートで話をしました。

一方、政府に対する批判のトーンとゲーム開催の主張がより強烈になっている。

「ワクチンもなく薬はありません。竹ウィンドウで戦わなければならいいですか?」 ページ全体を尋ねた 紀元後 タカラかマーシャ出版社が発行した3つの全国紙で「状況が変わらなければ、私たちは、政治によって死ぬことです。」コロナウイルスの画像と一緒に米軍と戦うために木でできた武器で訓練する二次世界大戦の時代の子供の写真と一緒に追加されました。

日本人に画像は、失われた原因のために罪のない命を犠牲にする冷淡な政府のおなじみの連想です。

菅義偉首相は月曜日議会で自分を弁護しました。 主張 彼は「オリンピックを最優先に考えて、「しておらず、「第優先順位は、日本人の生命と健康を保護すること」と言いました。

野党議員はその逆が真であると言います。

野党である日本の憲法の民主党代表枝野幸男(Yukio Edano)は「残念ながら、オリンピックとパラリンピックの開催中に、日本国民の生命と健康と生活を保護することは不可能であると言わなければならいます。」 と述べた 議員月曜日。

ゲーム主催者は、ゲームの運命の不確実性のためにいくつかのヒントも継続否定しており、これは彼らに非常に多くの性格を持っていると言います。 ジュール見えるコープ、元プロサッカー選手であり、Pacific University Oregonのオリンピックの歴史。

「歴史的に国際オリンピック委員会(IOC)は、世論に影響を受けませんでした。」と彼は言う。 “それは彼らの最も重要なものであり、彼らは世論に失わないことです。」

彼はオリンピックの収入の90%が放送権と企業スポンサーから出てくると指摘します。 したがって、ゲームがTV向け光景に縮小されてもIOCはまだ収益を取得します。

しかし、日本をはじめ多くの国で反オリンピック運動を研究した見えるコープは試合の反対があまりにも強くなり無視する難しいと指摘した。

彼は「最近のオリンピック史上、比類のない競技開催のこのような全面的な反対」と述べた。

見えコープは試合を早めると、「多くの人々にオリンピックを特別に作る文化的交流と相互作用がない比較的楽しいこと」になることができると主張する。

対照的に、彼はゲームをクリアすると、人々に公衆衛生を含むいくつかの点が選択的スポーツ光景よりも重要であることを思い出させることができると付け加えた。

「このようなものはスポーツよりも重要です。」と彼は言う。 「オリンピックが創出するお金よりも重要です。」

Chie Kobayashiは、東京では、この報告書に貢献しました。

READ  パラリンピック聖火リレー日本で開始

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close