政府が支援する日本の安定したビジネス環境専門家の視点 – 洞察 – 日本投資 – 日本貿易振興機構

Estimated read time 1 min read

Eriko Asai、TRINITY Indo-Pacific Partnersの共同創設者兼パートナー

子どもの頃、日本文化に適応したことから日本企業部門に成長するまで、梨梨理子の旅は独特の成功ストーリーを提示します。 このインタビューでは、GE Japanの元社長であり、Trinity Indo-Pacific Partnersの共同創設者であり、パートナーであるAsaiは、日本の市場のダイナミクスと投資の対象としての魅力、ビジネスで進化する女性の役割についての洞察を共有しています。 。 彼女の視点は、日本で機会を探索するすべてのビジネスリーダーにとって興味深いものです。

変化の受け入れ:文化的適応から企業リーダーシップまで

Asaiは、自分の人生を絶え間ない適応と学習からなる旅として描いています。 「イギリスで生まれたため、日本語を全くできないまま3歳で日本に来ました」と彼女は語り、文化的適応の初期経験を強調します。 Asaiは彼のキャリアを思い出しながら、「私の背景は常に変化を受け入れ、新しい文化に適応し、継続的な学習をすることでした」と言います。 彼女は自分のさまざまな職業経験を詳しく説明しています。 「私は日本企業、グローバル企業、小規模スタートアップ、ハードウェアからソフトウェア、様々なインフラ企業で働いていました」

この旅により、結局Asaiは2018年にGE Japanの社長となり、この場で政府業務、イノベーション、リーダーシップに関する専門知識を活用するようになりました。 彼女は「これをすべて集めて新しい会社を立ち上げており、日本、インド、オーストラリア全域で新しいビジネスを構築するために私の経験をどのように貢献できるか悩んでいます」と結論を下します。

日本のユニークな強みと革新の道

Asaiは、GEでの経験に基づいて、日本市場のユニークな特性の詳細な視点を提供しています。 彼女は「日本は常にGEにとって特別な市場でした。他の国にはそのような国はありません」と強調し、市場規模、高度な技術、豊富な資本を重要な強みに挙げました。 彼女は「日本がこのような強力な技術力を持っているため、GEは常に日本の技術とパートナーシップを結んできた」と、GEの継続的な日本技術の統合を強調した。

日本のイノベーションというテーマを探りながら、Asaiは「政府とJETROのような組織のおかげで良い協力が進んでいます」と述べ、政府の努力で促進された様々な企業とスタートアップの間の肯定的な相互作用に注目しました。 彼女は、基礎研究・材料科学分野で日本の専門性を高く評価するとともに、商業化やヘッジの難しさも認めている。 それにもかかわらず、彼女は「このような困難を克服すれば良い試合になると信じる」と楽観した。

Asaiは、人口老齢化、化石燃料輸入依存など、日本が直面している社会的課題についてさらに議論します。 これはエネルギー安全保障に影響を与えます。 彼女はこの挑戦をより弾力的な社会を築き、革新を促す機会と見ています。 Asaiは「女性起業家が率いるスタートアップを含む若いスタートアップがたくさんあり、より多くの投資への欲求が明らかにある」と結論付けた。

魅力的な投資:会話、安定性、品質と信頼

浅井首相は、政府の業務と日本の政策環境に対する幅広い経験をもとに、「心から日本政府が非常に一生懸命働き、業界とも非常によく協力していると思う」と政府の努力について肯定的な評価を下した。 。 彼女はさらに、「駐日本米国商工会議所など業界や企業機関と非常に良い会話が行われている」と強調します。

インタビューで質問に答える浅井

また、日本の魅力、特に安定性と長期的な関係の強調を強調しています。 彼女は「日本社会は回復力があり、安定しています。安定性は持続可能性と同じくらい重要です」と言います。

彼女は品質と安全への日本の献身を非常に重要にしており、これを「例外的」と説明し、それが世界中で日本製品のユニークな販売ポイントとして機能することを強調しています。 浅井氏は「ここで働く人は熟練しており、日本のチームワークは優れている」と語った。 彼女は日本での信頼と信頼性を育む独特の特徴である長期的な関係の持続的な重要性を指摘しています。 「一度長期的な関係を築くと、とても長く続く」

変化に投資する:ビジネスと市場の知恵に従事する女性

浅井は企業界で女性の立場を振り返り、「すべての変化について非常に楽観している」とし「明らかに政府が多くの努力を傾けている。 企業は多くの努力を払っていますが、女性が主導するのではなく、男性労働者の考え方も変わっています。」 Asaiは女性に初期のキャリアの機会を提供し、能力主義的な環境を構築することが重要であることを強調し、「将来ははるかに良くなるでしょう」と主張しています。

Asaiは日本で企業幹部が持っていた肯定的な経験を思い出し、次のように結論を下しました。 「私は東京で多くの企業幹部を招待しており、日本に来る人は皆、ビジネスと文化的観点からこの経験が好きです。彼らはそう考えています。重要です。」

READ  サウジアラビア、日本起工式書エキスポ2025旅程開始
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours