政府委員、円安のリスクを確認し、BOJの適切な対応を促す

Estimated read time 1 min read

日本政府の民間諮問団は、金曜日の円の急激な価値下落がインフレを加速して経済に打撃を与えることができると警告し、日本銀行が過度の物価上昇を抑制するために「適切に」対応するよう促した。

首相室の最高経済財政政策諮問委​​員会委員は、円安、賃金増加率を上回るインフレ、不振な民間消費などが2024年の最初の3ヶ月間に萎縮する可能性がある日本経済に挑戦課題となっていると述べた。

先週、政府とBOJが円高の下落を防ぐために介入しようとする市場の議論にもかかわらず、円の下落傾向は反転していない。 岸田文夫首相は、政府が人民元の価値低下を「非常に注意深く」見守っていると述べた。

岸田文夫日本首相が2024年5月10日、東京首相官邸で経済財政政策諮問委​​員会会議で演説している。 (刑務所通信)

会員は金曜日のパネルに発表した声明で「円が急激に弱気を見せ、原材料価格が急騰すればインフレに大きな影響を及ぼす可能性がある」とし「状況を綿密に観察することが重要だ」と話した。

「過剰な物価引き上げは民間需要を萎縮させることを考えると、BOJが適切な通貨政策を推進して物価上昇率2%目標を持続的かつ安定的に達成できると期待しています。」

経済財政政策審議会は、国務総理が駐在する経済・財政政策青写真の樹立など主要政策課題に対する民間の意見をよりよく反映するために設けられた。

現在、民間部門の会員としては住友化学会長であり、日本で最も影響力のあるビジネスロビーである軽鍛錬(Keidanren)の首長である正和徳倉と京西東海(Keizai Doyukai)として知られている日本企業経営者協会の会長である新井岳(Takeshi Niinami)があります。

4月末に円が160ドルを超えて34年ぶりに最低値に落ち、企業指導者たちは企業計画をさらに難しくする円の急速な弱さに対する懸念を表明し始めました。 徳倉は最近150ドル以下に落ちる円の価値を「安すぎる」と話した。

BOJの上田和雄総裁も、以前の発言に対して警戒心が不足し、市場参加者が積極的に円を売り、先週日本当局が市場に介入するよう誘導した後、円下落の影響を説明する口調を調整しました。

上田総裁は、火曜日の岸田首相との出会いの後、BOJが円の動きがインフレに与える影響を「慎重に監視する」と述べた。 翌日、彼はインフレが加速したときに追加の金利の上昇を指摘した。

岸田首相は金曜日、自らのオフィスで開かれたパネル会議で「私たちは最近円安の下落を非常に注意深く監視しており、BOJと緊密に協力している」と述べた。

政府は6月から臨時所得税と住民税を引き下げるなど一連のインフレ緩和措置を取った。

日本の主な課題の1つは、BOJが金利を引き上げる際に重要な要素である現在の賃金引き上げの勢いを維持することです。 インフレを考えると、賃金増加率は継続的にマイナスであり、木曜日に発表された最新データによると、3月の実質賃金は前年同期比2.5%下落し、24ヶ月連続で下落しました。

3月の消費者物価は、BOJが目標としたインフレ目標である2%に比べ、1年前より2.7%上昇しました。

民間部門のメンバーは、国内労働力のかなりの部分を雇用している中小企業が増加する原材料、人件費、その他の費用を転加して賃金を引き上げることができるべきだと強調しました。

彼らはまた、日本政府の目標である「2030年代半ば」よりも早い時給最低賃金を現在1,000円から1,500円(9.6ドル)に引き上げるのを助ける措置を求めました。


関連プレス:

BOJガバナー、円安の価格変動リスク警告、金利引き上げを暗示

BOJは、円安がインフレに与える影響を注視しています。 ポリシー:シニア

弱い米国労働指標の後、円はニューヨークからしばらく151に上昇します。


READ  日本の企業は、二倍の投資誘致
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours